ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)

2017.11.09 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING」に試乗する。今の日本のモータリゼーションの、ひとつの象徴ともいえるN-BOX。それがある生活は、谷口的にはアリかナシか?

この細いAピラーは絶賛モノだ!

当連載で初めての軽自動車、ホンダN-BOXカスタムG EXターボの室内をチェックする谷口。その評価はどうなのだろうか。後席の高い居住性と、570mmものスライド幅を誇るスーパースライドシートに対する関心の高さから察するに、決して悪くはなさそうだ。

続いて谷口は運転席に着いて、インパネまわりを一通りチェックした後、「あれは、何ですか」と、助手席Aピラーの根元に据え付けられた小さなミラーを指さした。車両の左側直下を映すサイドビューサポートミラーのことだ。旧型N-BOXにも付いていた装備だが、より見やすいように改良が加えられている。こんな小さな工夫すら、新型ではしっかり進化しているのだ。そして谷口は、新型N-BOXの、とりわけ細くしつらえられたAピラーを指して絶賛した。

「Aピラーは自動車というものができて以来、ドライバーの視界を常に遮り続けてきたわけです。でも、この細いAピラーは素晴らしい。前方視界がものすごくいい」
N-BOXに対する谷口の評価は、ここでまた1段階、いや2段階上がったように感じられた。

しかしである、しばしの試乗を終えて戻ってきた谷口の表情に、さっきとは打って変わって厳しいものがあったのを、筆者は見逃さなかった。
「このクルマの一般的な使い方を考えたら、箱根のワインディングロードで試乗するのがいいかどうか、そこは議論があると思いますよ。でもね、それにしたって、このハンドリングに太鼓判は押せないなあ。僕としては」
谷口は、一体なにを訴えているのだろうか。

 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1790mm/ホイールベース:2520mm/車重:960kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/4800rpm/タイヤ:(前)165/55R15 (後)165/55R15/価格:194万9400円
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1790mm/ホイールベース:2520mm/車重:960kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/4800rpm/タイヤ:(前)165/55R15 (後)165/55R15/価格:194万9400円拡大
 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大

関連キーワード:
N-BOX, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダの軽「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車 2016.8.4 自動車ニュース 本田技研工業は、軽乗用車「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車を設定、ツートンカラーを特徴とする「2トーンカラースタイル」も選択可能としたうえで、2016年8月5日に販売を開始する。さらに、ブラックのパーツでドレスアップした「N-BOXカスタム」ベースの特別仕様車も、同時に発売する。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
ホームへ戻る