「三菱アウトランダーPHEV」に“安全でお得”な特別仕様車

2017.11.16 自動車ニュース

三菱自動車は2017年11月16日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「Gリミテッドエディション」を設定し、販売を開始した。

予防安全技術「e-Assist」を標準装備

今回のGリミテッドエディションは、ベーシックグレードの「M」をベースに、先進安全装備や機能装備の強化を図ったモデルである。

先進安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールシステム、オートマチックハイビームからなる予防安全技術「e-Assist」を装備したほか、前進時と後退時の誤発進抑制機能とパーキングセンサー(フロント/リア)をセットオプションとして設定した。

機能装備では、オプション装着率が80%という100V AC電源(1500W)に加えて、ステアリングヒーターと自動防眩(ぼうげん)ルームミラー、雨滴感応オートワイパーを標準装備としている。

エクステリアには、18インチのラウンドリムタイプホイールおよび225/55R18サイズのマッド&スノータイヤと、LEDフォグランプを採用。ボディーカラーは「ホワイトパール」「ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック」の全3色を用意する。

価格はベース車よりも16万6968円高の382万6440円。

(Clubpyme)

「三菱アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション」
「三菱アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション」拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
  • 第123回:タイヘンな盲点 2019.2.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第123回は「タイヘンな盲点」。「エコでサステイナブル、しかもメチャクチャカッコいい」と筆者絶賛の「BMW i8ロードスター」、しかし……。買ってみてわかった! 元i8オーナーが語るザンネンな点とは? 
ホームへ戻る