「三菱アウトランダーPHEV」に“安全でお得”な特別仕様車

2017.11.16 自動車ニュース

三菱自動車は2017年11月16日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「Gリミテッドエディション」を設定し、販売を開始した。

予防安全技術「e-Assist」を標準装備

今回のGリミテッドエディションは、ベーシックグレードの「M」をベースに、先進安全装備や機能装備の強化を図ったモデルである。

先進安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールシステム、オートマチックハイビームからなる予防安全技術「e-Assist」を装備したほか、前進時と後退時の誤発進抑制機能とパーキングセンサー(フロント/リア)をセットオプションとして設定した。

機能装備では、オプション装着率が80%という100V AC電源(1500W)に加えて、ステアリングヒーターと自動防眩(ぼうげん)ルームミラー、雨滴感応オートワイパーを標準装備としている。

エクステリアには、18インチのラウンドリムタイプホイールおよび225/55R18サイズのマッド&スノータイヤと、LEDフォグランプを採用。ボディーカラーは「ホワイトパール」「ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック」の全3色を用意する。

価格はベース車よりも16万6968円高の382万6440円。

(Clubpyme)

「三菱アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション」
「三菱アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション」拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る