ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始

2017.11.20 自動車ニュース
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。拡大

ポルシェ ジャパンは2017年11月17日、「718ボクスター/ケイマン」に追加された新モデル「GTS」の価格を発表。予約受注を開始した。

「718ボクスターGTS」
「718ボクスターGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
「718ケイマンGTS」
「718ケイマンGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大

高められた走りと黒いアクセントが特徴

718ボクスターGTSおよび718ケイマンGTSは、エンジンの高出力化や走りに関連する装備の強化などが図られた、718ボクスター/ケイマンの高性能バージョンである。

2.5リッター4気筒水平対向エンジンについては、新開発のインテークダクトの採用や、ターボチャージャーの改良などにより、最高出力を365psに、最大トルクを430Nmに向上(「ボクスターS/ケイマンS」では350psと420Nm)。トランスミッションには6段MTと7段デュアルクラッチ式AT「PDK」を用意している。

また、スポーツクロノパッケージや機械式リアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ トルクベクタリング プラス」(PTV Plus)、車高を10mm低く設定する「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム」(PASM)など、通常はオプション扱いとなっている多数の装備を標準で採用。PDK仕様では0-100km/h加速が4.1秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。

デザインによる差別化も図っており、エクステリアではヘッドランプやリアコンビランプ、各部のロゴ、リアエプロン、テールパイプ、そしてサテンフィニッシュの20インチホイールなどを、いずれもブラックでコーディネート。フロントには専用デザインのバンパーも採用している。

一方インテリアでは、ほかのポルシェGTSモデルと同じく、センタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートを標準装備。ステアリングホイールやセンターコンソール、アームレストなどにもアルカンターラを用いている。

価格は以下の通り。

  • 718ケイマンGTS(6段MT):993万円
  • 718ケイマンGTS(7段PDK):1053万2000円
  • 718ボクスターGTS(6段MT):1032万円
  • 718ボクスターGTS(7段PDK):1092万2000円

ハンドル位置は基本的に右のみで、左ハンドルモデルの受注予約は、2017年12月17日までの期間限定となっている。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る