インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始

2017.11.22 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月22日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の2018年モデルの受注を開始した。

 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大
 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大
 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大

2018年モデルのディスカバリー スポーツは、従来のモデルからエンジンのラインナップが一新されており、新たに「INGENIUM(インジニウム)」と呼ばれる新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)と、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が導入された。

また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」のコネクティビティー機能も強化。オプションで、スマートフォンを介して離れた場所からドアを施錠・解錠できるようにしたり、車外からエアコンを操作できるようにしたり、緊急時に自動でスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつながったりといった機能が採用された。

このほかにも、価格443万円のエントリーグレード「ピュア」を新設定。ボディーカラーには新色の「ナルヴィクブラック」「バイロンブルー」「ナミブオレンジ」が追加された。

価格は443万円から763万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る