インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始

2017.11.22 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月22日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の2018年モデルの受注を開始した。

 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大
 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大
 
インジニウムエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツ」の2018年モデル受注開始の画像拡大

2018年モデルのディスカバリー スポーツは、従来のモデルからエンジンのラインナップが一新されており、新たに「INGENIUM(インジニウム)」と呼ばれる新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)と、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が導入された。

また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」のコネクティビティー機能も強化。オプションで、スマートフォンを介して離れた場所からドアを施錠・解錠できるようにしたり、車外からエアコンを操作できるようにしたり、緊急時に自動でスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつながったりといった機能が採用された。

このほかにも、価格443万円のエントリーグレード「ピュア」を新設定。ボディーカラーには新色の「ナルヴィクブラック」「バイロンブルー」「ナミブオレンジ」が追加された。

価格は443万円から763万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る