「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場

2017.11.22 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月22日、「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。

 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
「ランドマークエディション」
「ランドマークエディション」拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大

新たに「インジニウム」エンジンを採用

2018年モデルのレンジローバー イヴォークはエンジンのラインナップが一新されており、新世代ユニット「INGENIUM(インジニウム)」の2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)と、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が新たに採用された。

これらのエンジンはいずれもジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたもので、特にガソリンエンジンにおいては、これまでのエンジンより15%の燃費向上を実現。1250rpmという回転域で最大トルクを発生するトルク特性も特徴となっている。また日本仕様のイヴォークにディーゼル仕様が設定されるのは、今回が初となる。

装備の強化も図っており、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には、スマートフォンを利用して離れた場所からドアを施錠・解錠したり、エアコンを操作したりできるコネクティビティー機能をオプション設定。同システムには、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつながる機能も搭載している。

2018年モデル限定の「ランドマークエディション」登場

このほかにも、デザイン関連ではエクステリアカラーに新色の「ナルヴィクブラック」を追加したほか、「HSEダイナミック」のインストゥルメントパネルに「ダークスポーツ・テクスチャード・アルミニウム」を採用。また2018年モデル限定の仕様として「ランドマークエディション」を新設定した。

ランドマークエディションは「SEプラス」をベースに内外装を特別に仕立てたもので、ボディーカラーには「モレーヌブルー」「ユーロンホワイト」「コリスグレイ」の3色を設定。いずれの場合も「カルパチアングレイ」のコントラストルーフが組み合わされる。さらに外装には、19インチのグロスダークグレー・フィニッシュ・ホイールや、グラファイトアトラス仕様のダイナミックグリル、アウタートーアイカバー、ボンネットルーブルを装備。内装色は「エボニー」で、センターコンソールにはダークサテンブラッシュド・アルミニウム・フィニッシャーを用いている。

価格は502万円から855万円まで。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, レンジローバー イヴォーク コンバーチブル, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る