「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場

2017.11.22 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月22日、「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。

 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
「ランドマークエディション」
「ランドマークエディション」拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」にディーゼルモデルが登場の画像拡大

新たに「インジニウム」エンジンを採用

2018年モデルのレンジローバー イヴォークはエンジンのラインナップが一新されており、新世代ユニット「INGENIUM(インジニウム)」の2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)と、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が新たに採用された。

これらのエンジンはいずれもジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたもので、特にガソリンエンジンにおいては、これまでのエンジンより15%の燃費向上を実現。1250rpmという回転域で最大トルクを発生するトルク特性も特徴となっている。また日本仕様のイヴォークにディーゼル仕様が設定されるのは、今回が初となる。

装備の強化も図っており、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には、スマートフォンを利用して離れた場所からドアを施錠・解錠したり、エアコンを操作したりできるコネクティビティー機能をオプション設定。同システムには、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつながる機能も搭載している。

2018年モデル限定の「ランドマークエディション」登場

このほかにも、デザイン関連ではエクステリアカラーに新色の「ナルヴィクブラック」を追加したほか、「HSEダイナミック」のインストゥルメントパネルに「ダークスポーツ・テクスチャード・アルミニウム」を採用。また2018年モデル限定の仕様として「ランドマークエディション」を新設定した。

ランドマークエディションは「SEプラス」をベースに内外装を特別に仕立てたもので、ボディーカラーには「モレーヌブルー」「ユーロンホワイト」「コリスグレイ」の3色を設定。いずれの場合も「カルパチアングレイ」のコントラストルーフが組み合わされる。さらに外装には、19インチのグロスダークグレー・フィニッシュ・ホイールや、グラファイトアトラス仕様のダイナミックグリル、アウタートーアイカバー、ボンネットルーブルを装備。内装色は「エボニー」で、センターコンソールにはダークサテンブラッシュド・アルミニウム・フィニッシャーを用いている。

価格は502万円から855万円まで。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, レンジローバー イヴォーク コンバーチブル, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る