クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)/カイエンS(4WD/8AT)/カイエン ターボ(4WD/8AT)

これぞ完成型 2017.12.08 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。

累計77万台以上のセールスを記録

2002年に初代モデルが登場したカイエン。ポルシェにとってはまだ「新参者」ともいうべきそのモデルが、スポーツカー専門メーカーであったこのブランドに“新しい顧客”と“巨額の利益”をもたらしたことは、もはやあらためて紹介するまでもないだろう。

SUVという突然の異分子投入に、古くからのスポーツカーフリークからは嘆き節も聞かれ、実際に自身でも「どうしてポルシェが“こんなモデル”を……」という、ある種の違和感を抱いたのも事実。

けれども、結局のところそこで得られたベネフィットが、より魅力的なピュアスポーツカーを生み出す原資となり、当初はブランド力頼みになるだろうと思われたその商売が、初代と2代目の累計で77万台以上を販売したという実績から「実は新たなブランド力を創造している」と明確になった今、このモデルに始まり「パナメーラ」、そして「マカン」へと続いた新たなるカテゴリー開拓というポルシェの戦略が、大成功であったことは誰もが認めざるを得ないはずだ。

一方で、こうした車種構成の急速な変化を踏まえ、昨今ポルシェが新たな危機感を抱き始めたという雰囲気も感じられる。例えば、SUVの巨大市場である中国で、新たにオーナーズクラブやモータースポーツ関連の組織を立ち上げるなど、ピュアなスポーツカーを対象としたカスタマーサービスを充実させる動きなどは、ポルシェのDNAがスポーツカーに宿ることを、かの地の人々により知らしめるための方策に違いない。

そんな時代の風を受けつつ、再度のモデルチェンジなった新型カイエンは、あらためて「よりポルシェ車であること」を強調したと理解できる中身の持ち主。

それはまず、ベースグレードで初めて2t切りを達成した、その軽量ぶりに象徴されている。

新型「ポルシェ・カイエン」が世界初公開されたのは2017年8月のこと。まずは「カイエン」と「カイエンS」が、少し遅れて「カイエン ターボ」がローンチされた。
新型「ポルシェ・カイエン」が世界初公開されたのは2017年8月のこと。まずは「カイエン」と「カイエンS」が、少し遅れて「カイエン ターボ」がローンチされた。拡大
フロントまわりのデザインは、先代からのキープコンセプト。開口部が広くなったグリルが新型の最大の特徴だ。
フロントまわりのデザインは、先代からのキープコンセプト。開口部が広くなったグリルが新型の最大の特徴だ。拡大
リアのデザインでは、左右のコンビランプをつなぐLEDストリップが新しい。
リアのデザインでは、左右のコンビランプをつなぐLEDストリップが新しい。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4918×1983×1696mm(「カイエン」の場合)。先代よりも63mm長く、25mm幅広く、9mm低くなった。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4918×1983×1696mm(「カイエン」の場合)。先代よりも63mm長く、25mm幅広く、9mm低くなった。拡大

エンジンサウンドは今ひとつ!?

エーゲ海に浮かぶクレタ島――、ギリシャでは最大の島という地で、新型カイエンの国際試乗会は開催された。

最初にステアリングを握ったのは、前述の通り“2t切り”がひとつの売り物であるベースグレードの「カイエン」。そして、そんな蘊蓄(うんちく)を知らずとも、まず驚かされたのは予想を上回る走りの軽快感だった。

動力性能は必要にして十分。多くのメカニカル・コンポーネンツはひと足先にモデルチェンジした新型「パナメーラ」と共有するものの、「重量物をけん引しながらきつい登坂路をゆっくり上る」といったシーンに配慮して、DCTではなくステップATを採用するのがこちらのパワーパックの特徴だ。

そんなトランスミッションの巧みな働きもあり、その速さが“ポルシェの一員”として満足できる水準にあることは、6.2秒という0-100km/h加速タイム(スポーツクロノパッケージ装着車は5.9秒)が証明している。

一方で、「残念だけれどこれでは物足りないな」と即答したくなるのはそのサウンド。“普通の6気筒音”は、このブランドの作品としては何とも物足りない。いっそのこと「スピーカーから“いい音”出しちゃえばいいのに」とも思ったが、このブランドはそうしたギミックは許容しないのだ。

というわけで、次に「カイエンS」へと乗り換えた時点で「やっぱりこっちの方がいいナ」と感じさせてくれたのは、最高出力にして100psの違いによる絶対的な加速力の違いよりも、実は“サウンドがはるかにポルシェらしい”ことだった。

まずは最もベーシックな「カイエン」のステアリングを握る。
まずは最もベーシックな「カイエン」のステアリングを握る。拡大
「カイエン」に積まれる3リッターV6ターボエンジンは、最高出力340psと最大トルク450Nmを発生する。
「カイエン」に積まれる3リッターV6ターボエンジンは、最高出力340psと最大トルク450Nmを発生する。拡大
新型では、ドライビングダイナミクスの向上を狙い、前後異サイズのタイヤを採用する。テスト車の「カイエン」は、フロント285/40ZR21、リア315/35ZR21(オプション。標準は前後とも19インチ)の「ピレリPゼロ」が装着されていた。
新型では、ドライビングダイナミクスの向上を狙い、前後異サイズのタイヤを採用する。テスト車の「カイエン」は、フロント285/40ZR21、リア315/35ZR21(オプション。標準は前後とも19インチ)の「ピレリPゼロ」が装着されていた。拡大
「カイエン」の動力性能は0-100km/h加速が6.2秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着車は5.9秒)、最高速が245km/hと公表されている。
「カイエン」の動力性能は0-100km/h加速が6.2秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着車は5.9秒)、最高速が245km/hと公表されている。拡大

軽快なばね下の動きに驚く

ベースグレードでの第一印象を「軽快感」と紹介したが、実はそれは動力性能のみにはとどまらない。

国際試乗会に用意されるポルシェ車の多くがそうであるように、テストした一連のモデルにはエアサスペンションにリアアクスル・ステアリング、そして21インチのシューズ等、走りのテイストに直接影響を与える可能性があるオプションアイテムが装着されていた。そして、標準比でプラス2インチと「さすがにオーバーサイズでは」と感じたシューズを履いたベースグレードで味わえたのは、ばね下の動きが驚くほどに軽やかなフットワークだった。

さすがに、大入力を受けるとその衝撃がやや残ってしまう感触。だが、総じてサスペンションの動きはしなやかで、それは「同インチのシューズを履いたパナメーラ以上」と実感することになった。

この、ばね下の動きの異様なまでの軽快感は、結局その後に乗ったどのグレードでも共通していた。ただし、その中でもベースグレードの足の動きが最もしなやかに感じられたのは、このモデルのみがアクティブスタビライザー「ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)」を装着していなかったこととも関係がありそうだ。

ちなみに、エアサスペンション+リアアクスル・ステアリング+21インチシューズというセットは、ベースグレードが1台、カイエンSが1台、「カイエン ターボ」が2台という、今回テストドライブの機会を得た4台すべてに共通して採用されていた。

続いては中間グレード「カイエンS」をテスト。搭載される2.9リッターツインターボエンジンは、440psと550Nmを発生する。
続いては中間グレード「カイエンS」をテスト。搭載される2.9リッターツインターボエンジンは、440psと550Nmを発生する。拡大
「カイエンS」のインテリア。シフトレバー周辺にメカニカルなスイッチがずらりと並んでいた先代とは一変、タッチスクリーンでの操作を基本とした、すっきりとしたデザインを採用している。
「カイエンS」のインテリア。シフトレバー周辺にメカニカルなスイッチがずらりと並んでいた先代とは一変、タッチスクリーンでの操作を基本とした、すっきりとしたデザインを採用している。拡大
インパネのセンターに備わる12.3インチのスクリーンにもスイッチは備わらず、タッチ操作を採用する。
インパネのセンターに備わる12.3インチのスクリーンにもスイッチは備わらず、タッチ操作を採用する。拡大

優雅にして豪快なカイエン ターボ

一方、550ps/770Nmというアウトプットはもとより、2017年の東京モーターショーの会場で発表された、日本仕様で1855万円という価格も“別格”なのが、現在発表されているシリーズ中で唯一の8気筒エンジンを搭載するターボのグレード。

公表される0-100km/h加速タイムは4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)、最高速も286km/hと、そのパフォーマンスはまさにスーパーカー級。そんなすさまじい動力性能ゆえ、フロント10ピストンのブレーキや21インチシューズを標準で採用。ただし、今回のテスト車のうち1台は、新たに標準採用された「ポルシェ・サーフェスコーテッド・ブレーキ(PSCB)」から、高価なオプションである「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)」へと置き換えられていた。

当然のごとくその走りも別格で、優雅にして豪快。8気筒ならではの緻密なエンジンフィールと、音量は控えめながらも迫力あるサウンドを味わいつつ、異次元へと吸い込まれるかのような強烈な加速力を体験できるのは、このグレードならではの特権だ。

シリーズ中で最も重量がかさむはずのトップスペックの心臓をフロントフード下に収めつつ、タイトコーナーの連続でも6気筒グレード同様の軽快なハンドリング感覚を味わえるのは、“絶妙に速め”のギアレシオを備えた、ステアリングのセットアップがモノを言っている印象が強い。

ちなみに今回は、耐フェード性が問題になるほどのブレーキングはチェックできなかったが、日常シーンでのフィーリングがより好印象だったのはPCCBの方。理由は初期減速Gの立ち上がりが、こちらの方が素早いため。タングステンカーバイドをコーティングしたディスクと専用パッドを組み合わせ、「通常のブレーキよりも優れた耐用年数とより高い耐フェード性を実現させつつ、PCCBよりも低コスト」が売り物のPSCBは、ここがやや物足りなかった。

トップパフォーマンスモデルの「カイエン ターボ」は、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。550psと770Nmを発生する。
トップパフォーマンスモデルの「カイエン ターボ」は、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。550psと770Nmを発生する。拡大
トランスミッションは全車で8段ATを採用。パーツサプライヤーはZF。
トランスミッションは全車で8段ATを採用。パーツサプライヤーはZF。拡大
「カイエン ターボ」のフロントシート。表皮全体にパーフォレーテッド(穴あけ)加工が施されるほか、ヘッドレストには「turbo」のロゴが配される。
「カイエン ターボ」のフロントシート。表皮全体にパーフォレーテッド(穴あけ)加工が施されるほか、ヘッドレストには「turbo」のロゴが配される。拡大
リアシートは3人掛け。40:20:40の分割可倒機構を備えている。
リアシートは3人掛け。40:20:40の分割可倒機構を備えている。拡大

快適性も大幅に向上

ところで、こうして期待と予想通り、またはそれ以上といえる走りのパフォーマンスを実現させつつ、フラッグシップSUVとしての快適性を両立させているのも新しいカイエンの見どころだ。

それは、これまで述べた軽やかでしなやかな乗り味とともに、圧倒的な静粛性を実現させていた点に強く感じられた。振り返れば、先に述べた、ベースグレードのエンジンサウンドの件も、こうして“周囲が静かになった”からこそ顕在化したポイントなのだと気付かされた。

そんな新型カイエンは、全長と全幅がわずかずつ成長したものの、2895mmというホイールベースは従来型同様。キャビン空間が広くなったという印象はない一方で、大人4人が長時間をリラックスして過ごせるゆとりの持ち主であることも間違いない。一方で、ラゲッジスペースはリアシートを“カーゴポジション”にセットすると「従来型比で100リッター増し」とうたわれている。

最新のフラッグシップSUVにふさわしい装備の充実度や、各部の質感の高さは言うに及ばず。同時に、最新の「911」との関連性を強調したエクステリアのディテールとともに、プッシュボタンを用いないエンジンスタートの作法や、バーチャル表示化を進めつつもクラスター中央には大型のメカ式タコメーターを残すなど、インテリアでもあらためて“ポルシェのアイコン”を強調する。

「数あるSUVの中からわざわざカイエンを選んでくれるのは、それが優れたスポーツカーを生み出すポルシェの作品であるから」というのは、とあるエンジニアによる、核心を突いたコメントだ。

なるほど、新型がこのように“完成された”ことにも大納得なのである。

(文=河村康彦/写真=ポルシェ/編集=藤沢 勝)

今回テストしたすべてのモデルに、オプションのリアアクスル・ステアリングが装着されていた。低速時には後輪を前輪と逆位相に、高速時には同位相に切ることでコーナリング性能を高めている。
今回テストしたすべてのモデルに、オプションのリアアクスル・ステアリングが装着されていた。低速時には後輪を前輪と逆位相に、高速時には同位相に切ることでコーナリング性能を高めている。拡大
メーターパネルはセンターのエンジン回転計のみが機械式。その左右はそれぞれ液晶パネルとなっており、写真のように“5眼式”風に表示させたり、マップを表示させたりできる。
メーターパネルはセンターのエンジン回転計のみが機械式。その左右はそれぞれ液晶パネルとなっており、写真のように“5眼式”風に表示させたり、マップを表示させたりできる。拡大
荷室の容量は「カイエン」と「カイエンS」が770~1770リッター、「カイエン ターボ」が745~1680リッター。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は「カイエン」と「カイエンS」が770~1770リッター、「カイエン ターボ」が745~1680リッター。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大
ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエン拡大

テスト車のデータ

ポルシェ・カイエン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4918×1983×1696mm
ホイールベース:2895mm
車重:1985kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/5300-6400rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1340-5300rpm
タイヤ:(前)285/40ZR21 109Y/(後)315/35ZR21 106Y(ピレリPゼロ)
燃費:9.2-9.0リッター/100km(約10.9-11.1km/リッター、欧州複合モード)
価格:976万円/テスト車=--
オプション装備:--
※価格と諸元は日本仕様のもの。

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ポルシェ・カイエンS
ポルシェ・カイエンS拡大

ポルシェ・カイエンS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4918×1983×1696mm
ホイールベース:2895mm
車重:2020kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:440ps(324kW)/5700-6600rpm
最大トルク:550Nm(56.1kgm)/1800-5500rpm
タイヤ:(前)285/40ZR21 109Y/(後)315/35ZR21 106Y(ピレリPゼロ)
燃費:9.4-9.2リッター/100km(約10.6-10.9km/リッター、欧州複合モード)
価格:1288万円/テスト車=--
オプション装備:--
※価格と諸元は日本仕様のもの。

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ポルシェ・カイエン ターボ
ポルシェ・カイエン ターボ拡大

ポルシェ・カイエン ターボ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4926×1983×1673mm
ホイールベース:2895mm
車重:2175kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:550ps(404kW)/5750-6000rpm
最大トルク:770Nm(78.5kgm)/1960-4500rpm
タイヤ:(前)285/40ZR21 109Y/(後)315/35ZR21 106Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.9-11.7リッター/100km(約8.4-8.5km/リッター、欧州複合モード)
価格:1855万円/テスト車=--
オプション装備:--
※価格と諸元は日本仕様のもの。

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ カイエン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
http://www.progressive.com.kz/

binaryoptions21.com

www.topobzor.info/binomo-otzyvy-o-torgovoj-platforme/

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。