第4回:その進化に見るボルボ“攻め”の戦略

北欧がアツい! 2017.12.11 徹底検証! ボルボXC60 新世代プラットフォームの採用により、一足飛びの進化を遂げた「ボルボXC60」。黄金比すら感じさせるスタイリングや、上質なインテリア、先進の運転支援システムの出来栄えなどに、勢いに乗る北欧の自動車メーカーの“今”を感じた。

その革新はほとんど“脱皮”のレベル

いやもうノリノリですなぁボルボ! フロアで踊るどころか、テーブルの上に飛び乗って腰を振り出しちゃいそうなくらい(笑)。その勢いは、今年出た新型ミディアムSUVのXC60にも如実ににじみ出ております。

ご存じボルボは、去年日本に上陸したXC90から全ラインナップ刷新中。っていうか、ほとんど“脱皮”レベルですよ。イチ商品どころか全体のブランドイメージ、チャレンジ精神までひとクラス上に移行中なので。

それはまず王道のスタイルから感じられ、単純に伸びやかで美しい! 小沢は去年上陸したフラッグシップSUV、XC90の時から言っているけど、今のボルボはすっかり北欧プレミアムどころかロイヤルファミリームードを醸し出していて、個人的には北欧ロールス・ロイスというか北欧レンジローバー的。

今までのような小手先に頼ったデザインになってなくて、根本的なプロポーションから王道の美しさを表現している。それはXC90、XC60ともに使っている新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)」だからなし得たことで、フロントノーズの長さ、ボディー全体の塊感、前後タイヤの位置がほぼ完璧。まさしくロールス・ロイス同然の黄金比的なバランスすら感じさせ、だからこそディテールで目立たせる必要がないわけだ。

そして黄金比のクルマだから、XC90とXC60って小沢の中ではロングホールベース版とショートホイールベース版ぐらいの違いなのだ。確かに60の方がドアサイド下をえぐったり、多少ポップなイメージが追加されたりしているけど、走り、質感、漂う上質ムードに差はなく、単純に日本ではXC60の方が扱いやすくていいと思っております。3列目シートが要らない人には。

陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。
陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。拡大
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。拡大
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。拡大
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『Clubpyme』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第5回:ボルボXC40(前編) 2018.9.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 ボルボの新しい小型車用プラットフォーム「CMA」を基に開発された「XC40」には、中身はもちろん、その外見……すなわちデザインにも新しい試みが取り入れられている。既存のモデルとは一線を画す造形を、現役デザイナーの明照寺氏はどう評価するのか。
ホームへ戻る