新型「トヨタ・カムリ」、アメリカでデビュー

2011.08.24 自動車ニュース

新型「トヨタ・カムリ」、アメリカでデビュー

トヨタ自動車は2011年8月24日、セダン「カムリ」の新型を米国で発表した。

1980年生まれの初代(セリカカムリ)から数えて9代目にあたる、新型「カムリ」が、主要マーケットである米国でデビューした。先代モデルの登場からは、6年半ぶりとなるフルモデルチェンジだ。

“ミドル級4ドアセダン”としての商品ポジションは、これまでと変わらない。
実際のボディサイズについても、今回発表された北米仕様車で全長×全幅×全高=189.2×71.7×57.9インチ(=4805×1821×1470mm)/ホイールベース=109.3インチ(=2775mm)と、ほぼそのままの寸法である。

2種類のガソリン車+ハイブリッド車というラインナップも継続されるが、エンジンそのものは、2.4リッター直4(5段AT)の排気量が若干アップして、2.5リッター(6段AT)に。同じく2.4リッターガソリンエンジン+モーターだったハイブリッドモデルについても、ベースエンジンが2.5リッターになった。そのほか、先代と同様に3.5リッターV6モデル(6段AT)がラインナップする。

このうちハイブリッドモデルは、ガソリン価格による変動はあるものの、北米におけるカムリ全体の5〜20%を占めるとされており、新型では、先代より30%向上した燃費(18.2km/リッター:米国EPA値)を武器に、さらなる拡販が見込まれている。

(Clubpyme 関)

新型「トヨタ・カムリ」(写真は北米仕様車)
新型「トヨタ・カムリ」(写真は北米仕様車) 拡大

新型「トヨタ・カムリ」、アメリカでデビューの画像 拡大

関連キーワード:
カムリ, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ・カムリ 2017.7.10 画像・写真 トヨタのグローバルセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。2017年7月10日に発売された。「BEAUTIFUL MONSTER」をテーマに開発された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
ホームへ戻る