スバルWRX STIタイプS(前編)

2017.12.14 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!

ますますガンダム顔になった

トヨタの“新型スープラ”やホンダの“ベイビーNSX”が登場するといううわさこそあれ、日本のスポーツカー、なかんずく誰の手にも届くもの、届きそうなものとなると、今なお希少種であることに変わりはない。そんな中でスバルWRX STIは、その人気と実力、そして「インプレッサWRX」時代から続く、クルマ好きの心に深く刻まれたストーリーにおいて、今の日本を代表する存在といっていい。初回から1年8カ月以上たつこの谷口信輝の連載に、これまで登場しなかったのが不思議なくらいだ。

クルマと向き合う時、谷口はいつも真剣だ。相手がWRX STIのような“自分のテリトリー”に入ったクルマであればなおさらである。まるでスイッチがカチッと入ったかのように、口調がクールになる。

「WRX STIってマイナーチェンジでフロントバンパーが変わったでしょ? この大きなエアインテーク! 『シビック タイプR』にしてもそうですけど、これって、今の流行なんですかね」

確かにそうだ。「BMW M3」にしても「メルセデスAMG C63」にしても、あるいは「ルノー・メガーヌR.S.」にしても、口の両脇にあるインテークがグワッと大きいコワモテになっている。谷口に言わせれば、「ガンダム顔がますます強まりましたよね~」ということになる。

「でもね、ガンダム顔という意味ではシビック タイプRの方が上かな? WRX STIとシビック タイプRは顔まわりのデザインに似ている傾向があるけれど、よく見てみれば、リアウイングも似てますよねえ」

おっと、これは追う側のシビックに対する戒めか、それともはじけ足りないWRX STIに対する一喝か? 話がややこしくなる前に、デザイン談義はここら辺で切り上げることにしたい。

 
スバルWRX STIタイプS(前編)の画像拡大
 
スバルWRX STIタイプS(前編)の画像拡大
 
スバルWRX STIタイプS(前編)の画像拡大
スバルWRX STIタイプS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm/ホイールベース:2650mm/車重:1490kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:308ps(227kW)/6400rpm/最大トルク:422Nm(43.0kgm)/4400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 (後)245/35R19/価格:406万0800円
スバルWRX STIタイプS
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm/ホイールベース:2650mm/車重:1490kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:308ps(227kW)/6400rpm/最大トルク:422Nm(43.0kgm)/4400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 (後)245/35R19/価格:406万0800円拡大
 
スバルWRX STIタイプS(前編)の画像拡大

関連キーワード:
WRX STI, スバル,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • スバルがe-BOXER搭載の最新「XV」を披露 2018.10.5 自動車ニュース スバルは2018年10月4日、同年秋の発売を予定しているマイルドハイブリッド機構搭載モデル「XVアドバンス」のプロトタイプを、「東京モーターフェス2018」(会期:2018年10月6~8日)に出展すると発表した。
ホームへ戻る