第4回:キャデラックならではの先進性がかなえる
類例のない「XT5クロスオーバー」の魅力

2018.01.18 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR>
エンジンのセルフスターターなど、数々の“自動車史上初”の技術を世に送り出してきたキャデラック。先進性を重視する伝統は、最新モデル「XT5クロスオーバー」にも受け継がれている。
エンジンのセルフスターターなど、数々の“自動車史上初”の技術を世に送り出してきたキャデラック。先進性を重視する伝統は、最新モデル「XT5クロスオーバー」にも受け継がれている。拡大

キャデラックの最新SUVの魅力を伝える連載「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。最終回となる第4回は、充実したセーフティーデバイスや未来を感じさせるコネクテッド技術など、ライバルに負けない「XT5クロスオーバー」(以下XT5)の先進性を紹介する。

少し前まで、先進運転支援システムを備えたクルマはフロントグリルなどにゴテゴテとセンサー類が装備されていたものだが、「XT5クロスオーバー」ではフロントマスクのイメージを崩さぬよう、搭載する場所や搭載仕方などが工夫されている。
少し前まで、先進運転支援システムを備えたクルマはフロントグリルなどにゴテゴテとセンサー類が装備されていたものだが、「XT5クロスオーバー」ではフロントマスクのイメージを崩さぬよう、搭載する場所や搭載仕方などが工夫されている。拡大
プレミアムSUVならではの、充実した装備を誇る「XT5クロスオーバー」。同時に、一部機能の操作をタッチスクリーンに統合することで、操作のしやすさと、すっきりとしたインストゥルメントパネルまわりの意匠を実現した。
プレミアムSUVならではの、充実した装備を誇る「XT5クロスオーバー」。同時に、一部機能の操作をタッチスクリーンに統合することで、操作のしやすさと、すっきりとしたインストゥルメントパネルまわりの意匠を実現した。拡大
縦列駐車、並列駐車の操作を支援するオートマチックパーキングアシスト。アダプティブクルーズコントロールやサラウンドビジョン機能などとともに、上級グレード「プラチナム」に標準装備される。
縦列駐車、並列駐車の操作を支援するオートマチックパーキングアシスト。アダプティブクルーズコントロールやサラウンドビジョン機能などとともに、上級グレード「プラチナム」に標準装備される。拡大
今日のキャデラックではおなじみの装備である「セーフティアラートドライバーシート」。座面の左右にバイブレーターが内蔵されており、各セーフティーデバイスが危険を察知した際、状況に応じて左右を個別に、あるいは同時に振動させることで、ドライバーにどの方向から危険が迫っているかを直感的に知らせることができる。
今日のキャデラックではおなじみの装備である「セーフティアラートドライバーシート」。座面の左右にバイブレーターが内蔵されており、各セーフティーデバイスが危険を察知した際、状況に応じて左右を個別に、あるいは同時に振動させることで、ドライバーにどの方向から危険が迫っているかを直感的に知らせることができる。拡大

充実した装備に宿るキャデラックの伝統

エッジの効いたシャープなフォルムと、4輪が路面をしっかりと捉えたソリッドで重厚感あふれる走りは、XT5の美点だ。快適さを保ちながらシャープに、そして時にはアダプティブクルーズコントロールの導きに従い、ゆったりと高速道路を突き進むXT5は実にジェントルであり、目を三角にして追い越し車線を走る姿がいかに無粋かを教えてくれる。

そうしたジェントルな走りを全方位でサポートするのが、レーダーとカメラ、超音波センサーを駆使した先進の運転支援システムだ。キャデラックは高級なだけでなく、先進的なブランドとして北米市場では認知されている。今では当たり前となっているエンジンの電動スターターや、パワーステアリング、エアコンなどをいち早く量産モデルに搭載したのもキャデラックなら、近年では夜間に赤外線などを用いて前方の障害物を検知するナイトビジョンにも先鞭(せんべん)をつけ、欧州ブランドをリードした。

先進性の追求を伝統とするその例に漏れず、XT5にも今日の市販車に採用可能なセーフティーデバイスが一通り搭載されている。障害物を検知するフォワードコリジョンアラートや、車両だけでなく歩行者も検知するエマージェンシーブレーキシステムは当然のこと(メーター内に、認識したクルマや歩行者のアイコンが表示されるのが分かりやすい)、車両の死角をカバーしてくれるレーンチェンジアラートや、サイドブラインドゾーンアラート、レーンキープアシストも標準装備である。

バックでパーキングスペースから出庫する際には、後方を通過する車両や障害物がないかを確認してくれるリアクロストラフィックアラートがあるのとないのとでは、安心感が違う。マスの大きなSUVの運転に自信がないという方には、自車を真上から見下ろしたような映像を表示するサラウンドビジョン機能や、システムが駐車スペースを認識し、ハンドルを自動操作して駐車を支援するオートマチックパーキングアシストが強い味方になることだろう。