クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第1回:藤島知子が考えるオールシーズンタイヤの真価

どんな季節もこのタイヤで 2017.12.25 四季の国に“4Seasons”という提案を<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使用することができるオールシーズンタイヤ。グッドイヤーの「ベクター4シーズンズ」の実力を試すため、藤島知子が雪の霧ケ峰へと向かった。

これまでの認識が変わった

「実はこのタイヤ、初めてじゃないんです。半年ほど前に試乗したのが今回と同じ『プジョー2008』で、グッドイヤー・ベクター4シーズンズ(以下ベクター)が装着されていました。クルマもよかったんですが、それよりもインパクトが強かったのがタイヤ。それまで持っていたオールシーズンタイヤの印象が一変しましたね」

試乗をオファーした時には知らなかったのだが、藤島知子さんはベクターを経験済みだという。レーシングドライバーの経験を持つモータージャーナリストだけに、タイヤには人一倍の関心がある。

「オールシーズンタイヤはどっちつかずのイメージがあったんですよ。オンロードでは不安定になりがちで、ロードノイズが大きかった記憶があります。反面、雪道では走破能力に全幅の信頼を置けるわけではない。結局どんな場面でも中途半端になってしまうという印象がありました」

だから、ベクターを装着したプジョー2008に乗ってその快適さに驚いた。車内で会話が弾み、仕事なのに楽しんでしまったのだという。

「ロードノイズが大きいと、声が届かなくてストレスになってしまいます。こうやって高速道路を走っていても、前席と後席でスムーズに会話ができますよね? 結構スゴイことですよ」

この日目指したのは長野県の霧ヶ峰高原。スキー場がオープンしているというから雪が降り積もっているはずだ。東京はカラッとした天気で、中央高速道もずっと晴天が続く。

「前回は春だったので、雪道を試せなかったのが心残りでした。ドライ路面での安定性は、前に乗った時の印象と同じですね。ステアリングを少し切っただけでもしっかり反応するので、コントロール性が高いんです。タイヤはドライバーとクルマとの対話を担う大切なパーツですよね」

→第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く

“履き替える必要がない”というメリット

ベクターがドライ路面で優れた安定性を持つのは、高いブロック剛性を持っているから。ブロック間が支え合う構造の3Dワッフル構造を採用し、状況を選ばず路面に密着する。オールウェザーシリカコンパウンドと専用ポリマーを使った全天候型ゴムが、高いグリップ性能と操縦安定性をもたらすのだ。

「サイドウオールが絶妙な硬さで、適度にたわみます。だから、フランス車らしい乗り心地を損なわないんですね。プジョー2008は最近人気のコンパクトSUVというカテゴリーに属しています。背が高いのにスポーティーな走りができることが特長なんですが、その良さを邪魔しないタイヤだと思います」

ベクターはドライ路面でもグリップ感が強く、スタッドレスタイヤを装着している時の滑っているような感覚がない。不安な思いをせずにすむだけでなく、駆動力の損失が少ないから燃費にも有利だ。

雪国に住んでいるならば、冬になったらスタッドレスタイヤに履き替えるのが常識。しかし、東京をはじめとしたその他の地域で雪が降るのは、年にせいぜい2、3度である。遠出をしない限り、スタッドレスタイヤの必要性は低い。

「雪が降るたびにタイヤを交換するわけにはいきませんよね。都心では広いスペースがありませんから、置き場所にも困ります。マンションのベランダには置けませんよね。断捨離の時代ですから(笑)、余計なものはなるべく持ちたくないんです」

タイヤを2種類用意しなくてもいいので、財布にも優しい。雪がめったに降らない都会に住んでいるなら、オールシーズンタイヤはリーズナブルな選択なのだ。

→第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く

サイドウオールに見る冬用タイヤの証し

SUVが人気になっているとはいっても、本格的なオフロードコースに挑む人は少数派。主流は都市型SUVなのだ。プジョー2008も砂漠や岩場を走ることを想定したクルマではない。駆動方式もFFだけだ。ただ、試乗したのは「GTライン」というグレードで、悪路での走行をサポートする「グリップコントロール」が装備されている。

「グリップコントロールが付かないモデルは、アスファルトの上を走るケースが多い都会派向け。GTラインは山にキャンプに出かけたり、たまに雪道を走ったりする人に向いているクルマといえるでしょう」

高速道路を降りても、しばらくはドライ路面が続く。山道を上っていくと、路肩に雪が残っているのが見られるようになってきた。夏タイヤで来た人のために、チェーン装着場が用意されている。

もちろん、ベクターはそのまま雪道に入っていくことができる。プジョー新車装着用のベクターのサイドウオールにはヨーロッパの冬用タイヤの証明である“スノーフレークマーク”が、そして日本で44サイズが市販されている「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」ならば日本でも冬用タイヤの性能を満たしていることを示す“SNOWマーク”が刻印される。雪が降って高速道路などでチェーン規制が行われた時も走行できるというお墨付きなのだ。

「さすがにチェーンを自分で脱着するのは面倒(笑)。ワインディングロードでも安心して走れることはここまで走って確認しましたが、これから真価を問われますね。雪が降った後にクルマがたくさん通ったみたいで圧雪路になっていますが……」

本当にドライとスノーの性能が両立できているのだろうか。ドライ路面での性能が高かったことが、かえって雪道での走破性能に不安を抱かせる。

→第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く

雪道でもちゃんと曲がり、止まる

「思った以上に路面を捉えて走りますね! これならスキー場に出かける道のりも安心です。ムリは禁物ですが、コーナーも安定した姿勢で曲がりますし、違和感はありません。オールシーズンタイヤでもここまで走れるというのは驚きです」

上り坂をテストした後、下りも試してみた。止まれないのが一番困るのだ。

「ブレーキの利きも、ペダルに伝わる感触も自然だし、必要十分なグリップ力が得られるみたいですね。これも期待以上です。昔のオールシーズンタイヤとは別物ですね」

もちろん、スタッドレスタイヤと同じ性能ではない。藤島さんは、気になる点が2つあると話した。

「わだちでは足を取られる感じがありますね。荒れた路面では注意が必要です。それから、動きだしでは少しタイヤが空転します。いきなりアクセルを踏み込まず、ゆっくり発進したほうがいいでしょう」

それでも、雪道でベクターは十分な性能を有していると藤島さんは判断した。

「上り坂で静止状態から発進してみたんですが、ちゃんと走りだせましたよ。少しの空転は仕方ありません。今のクルマはトラクションコントロールや横滑り防止装置が付いていますから、このタイヤの性能と合わせれば十分な性能が得られます」

藤島さんが感心したのは、タイヤから伝わってくる情報の豊かさだ。

「スタッドレスタイヤよりグリップ力が劣るのは当然です。ただ、ベクターは滑る前に感触がつかめるところがいいんですね。そろそろ滑るな、と感じるんです。急激にグリップを失うのでは危険ですが、移り変わりがとても穏やか。常に路面の状況を伝えて変化を教えてくれるから、危ない状況になりにくいんです」

夏タイヤと冬タイヤの性能を兼ね備えていることがベクターの魅力。さまざまな路面状況に対応しているから、四季のある日本ではメリットが大きい。

「旅行に出かける時、初めての場所だとどんな道があるのかわかりませんよね。ベクターを装着していれば、状況の変化に対応できるから安心です。このタイヤを装着すれば、行動範囲が広がりそうですね」

(語り=藤島知子/まとめ=鈴木真人/写真=荒川正幸)

→第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く

テスト車のデータ

プジョー2008 GTライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4160×1740×1570mm
ホイールベース:2540mm
車重:1250kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:110ps(81kW)/5500rpm
最大トルク:205Nm(20.9kgm)/2500rpm
タイヤ:(前)205/50R17 89V/(後)205/50R17 89V(グッドイヤー・ベクター4シーズンズ)
燃費:17.3km/リッター(JC08モード)
価格:285万円

→第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く

http://progressive.com.kz

http://steroid-pharm.com

steroid-pharm.com/clenox.html