横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生

2017.12.20 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」拡大

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。

 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大

イメージは「横浜の海」

今回の「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」は、横浜・みなとみらいでロールス・ロイスを販売するディーラー、ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が企画した特別仕様車。レジャーでもビジネスでも海が中心になっている横浜の生活に合わせたというビスポークモデルである。

ボディーカラーは、イングリッシュホワイトをベースに、ミッドナイトサファイアブルーのボンネットとほろを組み合わせたツートンカラー仕上げ。「クルーザーのような印象を与える」とアピールされる。さらに、ショルダーラインには、ネイビーブルーのコーチラインが添えられている。

アークティックホワイトレザー張りのシートは、ネイビーブルーのアクセントとステッチを採用。さらに、ドアやダッシュボード、リアデッキなどが、ヨットをイメージさせるチーク材を用いた「カナデルパネル」で飾られる。

ベイサイド ドーンの価格は、4347万円。販売台数には限りはないとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
ドーン, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • 第109回:駆けぬけるプチ故障 2018.10.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第109回は「駆けぬけるプチ故障」。“エリート特急”こと筆者の激安「BMW 320d」に初の異常事態が発生。ほんの小さなほころびに思えた故障が、まさかの大出費に!? BMW車ゆえの悩みに筆者はどう対処するのか?
ホームへ戻る