横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生

2017.12.20 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」拡大

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。

 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大

イメージは「横浜の海」

今回の「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」は、横浜・みなとみらいでロールス・ロイスを販売するディーラー、ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が企画した特別仕様車。レジャーでもビジネスでも海が中心になっている横浜の生活に合わせたというビスポークモデルである。

ボディーカラーは、イングリッシュホワイトをベースに、ミッドナイトサファイアブルーのボンネットとほろを組み合わせたツートンカラー仕上げ。「クルーザーのような印象を与える」とアピールされる。さらに、ショルダーラインには、ネイビーブルーのコーチラインが添えられている。

アークティックホワイトレザー張りのシートは、ネイビーブルーのアクセントとステッチを採用。さらに、ドアやダッシュボード、リアデッキなどが、ヨットをイメージさせるチーク材を用いた「カナデルパネル」で飾られる。

ベイサイド ドーンの価格は、4347万円。販売台数には限りはないとのこと。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ドーンロールス・ロイス 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • 日産、中国で電気自動車版「シルフィ」の生産を開始 2018.8.27 自動車ニュース 日産自動車の中国における合弁会社、東風汽車有限公司(DFL)の乗用車部門である東風日産乗用車公司(東風日産)は2018年8月27日、日産ブランドとして初めて中国市場に投入する電気自動車(EV)「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始したと発表した。
  • ランボルギーニ、動力性能を追求した「アヴェンタドールSVJ」を発表 2018.8.24 自動車ニュース ランボルギーニが「アヴェンタドール」の高性能バージョン「アヴェンタドールSVJ」を発表。770hpまで高められたエンジンパワーと軽量化、空力特性の見直しなどにより、ニュルブルクリンクで市販車最速とされる6分44秒97のタイムを記録している。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る