第14回:ゴルフという水準器
ドイツが生んだ実用車のベンチマーク

2017.12.28 自動車ヒストリー 1974年の誕生以来、40年以上にわたり実用車のベンチマークであり続ける「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。デビュー当時の衝撃や、世界の自動車産業に与えた影響を振り返るとともに、今なお“自動車の水準器”とされている理由を探った。

“ビートル”を継ぐことの難しさ

成功したプロジェクトの後を継ぐのは、どんな場合でも難しい。視聴率の高かったドラマの枠で新しい番組を作れば、確実に比較される。サッカーチームの新しい10番は、必ず批判を受けるものだ。いくらいいものを作っても、なかなか受け入れてもらえないのが常である。

“ビートル”こと「フォルクスワーゲン・タイプI」の後継車づくりが難航したのは当然だろう。ドイツでは文字通り国民車であり、最終的には世界累計生産台数が2000万台を超えるベストセラーカーになった。その後釜となるモデルを作るのだから、とてつもないプレッシャーだったに違いない。

ビートルは全世界で人気を得ていたとはいえ、プロトタイプにまでさかのぼれば、設計されたのは第2次大戦前のことだ。ヒトラーが国民車構想を発表したのは1933年で、フェルディナント・ポルシェ博士が「VW3」を完成させたのは1936年である。しかし、「毎週5マルク払い込めば誰でもクルマを受け取れる」というヒトラーの約束は反故(ほご)にされてしまい、国民車として製造されることはなかった。乗用車生産を再開させたのは、戦後に進駐したイギリス軍のアイヴァン・ハースト少佐である。当時は安価で性能が高いことが評価されたが、1970年代にはさすがにすべてが古臭くなっていた。

フォルクスワーゲンも手をこまねいていたわけではなく、新たなモデルの開発に取り組んでいた。1968年には空冷水平対向エンジンをそのまま使った「411/412」を発売したが、販売は伸びなかった。1970年にはNSUが開発した水冷フロントエンジンの「K70」をフォルクスワーゲンブランドで出したものの、これも不発だった。

世界的なベストセラーとなった「フォルクスワーゲン・タイプI」。最終的には2152万9464台が生産された。写真は1972年に「T型フォード」の累計生産台数を突破した際の、セレモニーの様子。
世界的なベストセラーとなった「フォルクスワーゲン・タイプI」。最終的には2152万9464台が生産された。写真は1972年に「T型フォード」の累計生産台数を突破した際の、セレモニーの様子。拡大
2003年まで生産が続けられた「タイプI」だが、1970年代にはすでに設計が古くなっており、ドイツ本国では1980年を待たずに生産が終了されていた。それ以降はブラジルやメキシコなどで生産が継続された。
2003年まで生産が続けられた「タイプI」だが、1970年代にはすでに設計が古くなっており、ドイツ本国では1980年を待たずに生産が終了されていた。それ以降はブラジルやメキシコなどで生産が継続された。拡大
「タイプI」の後継モデルとして送り出された「412」(左)と、NSUからOEM供給を受けて販売された「K70」(右)。
「タイプI」の後継モデルとして送り出された「412」(左)と、NSUからOEM供給を受けて販売された「K70」(右)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2018.8.19 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、”峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。後編ではNISMOがチューンした「GT-R」「ノートe-POWER」と、無限のパーツをフル装備した「シビックハッチバック」「ヴェゼル」「オデッセイ」の走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
ホームへ戻る