Clubpymeメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW i3s(RR)

これがビーエムの生きる道 2018.01.06 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。

ブランディングにおける貢献は小さくない

2017年におけるBMWグループの販売台数の内訳において、電動化車両が10万台を突破する見込みになったと発表されたのは先日のこと。これを記念してミュンヘンの本社ビルは、その有名なシリンダー形状を逆手に取って、プロジェクションマッピングによって電池柄にライトアップされた。これは昨今の自動車業界を取り巻く“電動化”ムーブメントを象徴するような光景として、先々述懐されることになるかもしれない。

とはいえ、その内訳の多くを占めるのはBMWとMINIで扱われるプラグインハイブリッドだ。iブランドのみでの数字は定かではないが、2016年のi3の世界販売台数が「日産リーフ」の半分程度、2.5万台余と聞けば、10万台に対しての比率は正確ならずもある程度予想できる。フォルクスワーゲンやダイムラーに先駆けて立ち上げた電動化モデル専用ブランドは、徐々に数を伸ばしているとはいえ、商業的にはまだまだ辛抱は続くということだろう。

明確に言えるのは、iブランドがサスティナブルという人類が強く意識すべき生活観を、モビリティーを通して実だけでなく質の面でも強く志向していることだ。それは後述する車体の造作的な話のみならず、その素材や製法、使用するエネルギーにも及んでいる。もちろんカーボンニュートラルとはいかないが、その方向性をもって従来とはまったく違うプレミアム性を表現しようという姿勢は、BMW本体のブランドイメージにも相当ポジティブに働いているはずだ。

専用デザインのフロントバンパーと黒いフェンダーモールが目を引く「BMW i3s」。今回のマイナーチェンジで追加された「i3」のスポーツグレードである。
専用デザインのフロントバンパーと黒いフェンダーモールが目を引く「BMW i3s」。今回のマイナーチェンジで追加された「i3」のスポーツグレードである。拡大
インテリアの仕様については、基本的に標準車の「i3」と共通。フロントのフロアマットに「i3s」のロゴが入る程度だ。
インテリアの仕様については、基本的に標準車の「i3」と共通。フロントのフロアマットに「i3s」のロゴが入る程度だ。拡大
テールゲートに施された「i3s」のバッジ。「BMW i」は電動パワートレイン搭載車に特化したBMWのサブブランドであり、現在は「i3」と「i8」の2モデルがラインナップされている。
テールゲートに施された「i3s」のバッジ。「BMW i」は電動パワートレイン搭載車に特化したBMWのサブブランドであり、現在は「i3」と「i8」の2モデルがラインナップされている。拡大

4年を経ても色あせない斬新さ

iブランドはその発表から6年が経過し、そしてi3とi8も登場から4年前後がたとうとしている。ここで商品のテコ入れを通し、再びそのアピアランスを高めようとしているようだ。i8は先日のロサンゼルスモーターショーでマイナーチェンジを発表。これに伴い、電動ソフトトップを持つロードスターが追加された。それに先駆けてフランクフルトモーターショーで発表されたのが、i3のマイナーチェンジだ。

とはいえ、その外観上の変更点は前後バンパーフェイシアと補助灯の形状が変わり、よりスポーティーな印象になった程度。内装ではインフォテインメントシステムが最新のバージョンに置き換わったくらい……と、5年目を迎えてのマイナーチェンジの割にはその“変わりしろ”は小さくみえる。

それでも十分に思えるのは、i3の印象がまだまだ斬新で既視感が小さいからだろう。「アトリエ」「ロッジ」「スイート」と名付けられた3つのトリムラインにも変更はないが、プラスチックバッグやペットボトルなどの再生樹脂材、化学物質を用いず天然オリーブ油でなめした革表皮、薄いサテン仕上げで表面の開気孔を生かした木目バネルなどが組み合わされる内装の印象は、乗る者の心持ちをもエシカルな側へと高めてくれる。ともあれイマ的なリッチさをここまで先鋭的にみせてくれているクルマは他にないだろう。

標準モデルの「i3」。2016年に一充電走行可能距離を伸ばす改良を受けており、今回のマイナーチェンジはデザインの変更と装備の強化が主となっている。
標準モデルの「i3」。2016年に一充電走行可能距離を伸ばす改良を受けており、今回のマイナーチェンジはデザインの変更と装備の強化が主となっている。拡大
今回のマイナーチェンジでは、フルLEDヘッドランプを全車標準装備としたほか、前後バンパーの意匠を変更。より車体のワイド感を強調するデザインとなった。
今回のマイナーチェンジでは、フルLEDヘッドランプを全車標準装備としたほか、前後バンパーの意匠を変更。より車体のワイド感を強調するデザインとなった。拡大
車両機能やインフォテインメントシステム、通信機能などの操作インターフェイス「iDrive」も、最新版にアップデート。通信サービスと連動したナビゲーションシステムの採用など、各種機能の強化も図られている。
車両機能やインフォテインメントシステム、通信機能などの操作インターフェイス「iDrive」も、最新版にアップデート。通信サービスと連動したナビゲーションシステムの採用など、各種機能の強化も図られている。拡大

新グレードはまさかのスポーツモデル

マイナーチェンジに伴うメカニズムの大きな変更はない。というのも、i3は2016年に搭載されるサムスンSDI製リチウムイオンバッテリーの大幅な刷新を受けており、発売当初より同体積における蓄電能力を50%向上。33kWhの容量により、JC08モードで390kmの航続距離を実現している。とはいえ、この数字を額面通りに見積もれないのはお察しの通り。日本での実用的航続距離は200〜250km程度でみておくべきだろう。もちろん650ccの発電用エンジンを積む「レンジエクステンダー」も健在だ。

そして、今回試乗したのはこのマイナーチェンジから新たに加えられたi3sというモデル。「s」はもちろんスポーツ的なところを意味しているわけだが、そのパワートレイン、ドライブトレインのハードウエアに変更はなく、エネルギーマネジメント等のキャリブレーションで14ps&20Nm増しの力を得ている。足まわりはコイル、ダンパーそしてスタビライザーが専用設定となり、車高は10mmダウン。タイヤは前後異幅の20インチとなり、銘柄は変わらずブリヂストンの“オロジック”……というのがその成り立ちだ。これによる動力性能の変化は、0-100km/h加速で基準車比0.4秒減の6.9秒、最高速は10km/h増の160km/hとなっている。

専用チューニングの足まわりが採用された「i3s」。標準車よりトレッドは40mm広げられ、車高は10mm低められた。
専用チューニングの足まわりが採用された「i3s」。標準車よりトレッドは40mm広げられ、車高は10mm低められた。拡大
サイドビューでは、Aピラーと同じくハイグロスブラックで仕上げられたモノトーンのルーフも、「i3s」の特徴となっている。
サイドビューでは、Aピラーと同じくハイグロスブラックで仕上げられたモノトーンのルーフも、「i3s」の特徴となっている。拡大
「i3s」のタイヤサイズは、標準車の155/70R19(レンジエクステンダー搭載車では、後ろ:175/60R19)に対し、前:175/55R20、後ろ:195/50R20となっている。
「i3s」のタイヤサイズは、標準車の155/70R19(レンジエクステンダー搭載車では、後ろ:175/60R19)に対し、前:175/55R20、後ろ:195/50R20となっている。拡大

曲がるのがこれほど楽しいクルマはない

軽量強固なボディー構造に、RRの駆動レイアウト、力強いトルクのモーターという組み合わせもあって、i3はちょっとしたスポーツカーをしのぐほどにダイレクトなレスポンスが味わえるモデルだ。加えて、強力な回生ブレーキを用いてのワンペダルドライブという個性、言い換えれば特有のクセもある。これらを駆使しながら、いかに電池残量を大事にしつつ走らせるかを考えるのも知的なら、コーナリングで適切な荷重移動を行い、細いタイヤから旋回力を引き出して出口で一気にダッシュするという筋書きを組み立てるのも知的と、ともあれ頭を使うことが楽しいクルマだ。

さらにi3sでは、ワイドトレッドの専用サスによる横力耐性が加わったことで、本格的なホットハッチにも比する運動性能を得ることになった。そこにEVならではの加速力も加わってみれば、ともあれ曲がることが本当に楽しい。極端な話、パイロンジムカーナを走る上でこれ以上痛快なクルマを見つけるのは難しいかなと思うほどである。乗り心地や居住性ではリーフにかなわずとも、走りの個性においては絶対に譲らない。EVなのに元も子もないと言われればそれまでだが、「それがBMW」と言われればぐうの音も出ないのもまた確かだ。

i3sは残念ながら今のところ、日本導入の予定はないという。もちろんEVの社会性やこの特殊なモデルをユーザーに届ける販売現場の苦労を鑑みれば、そこにクルマ好きの意向がくまれる余裕はないのかもしれない。そしてこのモデルなくしてi3の本質的なメッセージが伝わらないということでもない。が、そこに加わるピリッとしたエッセンスが絶妙にi3ならではのうま味を引き出していたのも確かだ。何かの間違いで導入されることになったらいいなぁとは、僕の身勝手な思いである。

(文=渡辺敏史/写真=BMW/編集=堀田剛資)

最高出力184ps、最大トルク270Nmを発生するモーターを搭載した「i3s」。動力性能については、最高速が160km/h、0-100km/h加速が6.9秒(レンジエクステンダー搭載車は7.7秒)と公称されている。
最高出力184ps、最大トルク270Nmを発生するモーターを搭載した「i3s」。動力性能については、最高速が160km/h、0-100km/h加速が6.9秒(レンジエクステンダー搭載車は7.7秒)と公称されている。拡大
「BMW i3」は、総アルミ製のドライブモジュールにカーボン製のキャビンを乗せる、ユニークな車両構造を採用。両開きのドアがかなえる広い開口部と、十分なボディー剛性を両立している。
「BMW i3」は、総アルミ製のドライブモジュールにカーボン製のキャビンを乗せる、ユニークな車両構造を採用。両開きのドアがかなえる広い開口部と、十分なボディー剛性を両立している。拡大
「i3s」のドライブモードセレクターには「スポーツ」モードも設定されており、このモードを選ぶとスロットル特性がよりリニアに、ステアリング特性がよりクイックに切り替わる。
「i3s」のドライブモードセレクターには「スポーツ」モードも設定されており、このモードを選ぶとスロットル特性がよりリニアに、ステアリング特性がよりクイックに切り替わる。拡大

テスト車のデータ

BMW i3s

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4006×1791×1590mm
ホイールベース:2570mm
車重:1265kg(DIN)
駆動方式:RR
モーター:交流同期モーター
最高出力:184ps(135kW)
最大トルク:270Nm(27.5kgm)
タイヤ:(前)175/55R20/(後)195/50R20(ブリヂストン・エコピアEP500)
一充電最大走行可能距離:280km(NEDCモード)/235-245km(WLTCモード)
交流電力量消費率:14.3kWh/100km(約7.0km/kWh、NEDCモード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--
※数値は欧州仕様のもの。

テスト車の年式:2017年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh
 

BMW i3s
BMW i3s拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
подробно pureshop.com.ua

www.webterra.com.ua/raskrutka-sajta-dnepropetrovsk/

http://etalon.com.ua