谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)

2017.12.28 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「ホンダ・シビック タイプR」である。「シビックである以前に、理想のFFスポーツカーである」とうたわれる新型。そのハンドリングで一番変わったのはどこか。谷口がじっくり解説する。

 
谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大

ニュルは男の遊園地!

ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで量産FF車最速の7分50秒63を記録した先代のホンダ・シビック タイプR。先ごろ発売された新型はこれを7秒近くしのぐ7分43秒80をマークし、2代続けて量産FF車最速のタイトルを手に入れた。

レーシングドライバーの谷口信輝も、もちろん「世界で最も過酷」と称されるニュルブルクリンクを走った経験がある。
「レーシングドライバーのなかでも、初めてあそこに行くと『もう2度と行きたくない』っていう人と『すげー、楽しい!』っていう人とに、まっぷたつに分かれますよね」

では、谷口自身はどうなのだろうか?
「僕に言わせれば、あそこは“男の遊園地”ですから、もうたまらなく楽しかったですよ。もともと、僕はそっち出身ですし……」

この“そっち出身”を“サーキット出身”と受け止めるのは間違い。もちろんノルドシュライフェは立派なサーキットなのだけれど、走ってみれば高低差は大きいし、路面は摩擦係数が低いうえにアンジュレーションと呼ばれるうねりが強くて、一般道の峠道に酷似している。だからこそ、峠で腕を磨いてきた谷口は自分のことを“そっち出身”と称したのである。

いわば、谷口が愛してやまない“峠”を走るために生まれてきたような新型シビック タイプR、ステアリングを握っての印象はどうだったのか?(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://clubpyme.info」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
シビックホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る