プジョーからお値段199万円の「208」が再登場

2018.01.05 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年1月5日、コンパクトカー「プジョー208」の限定モデル「ファーストセレクション」を追加販売すると発表。同日販売を開始した。

208ファーストセレクションは、2017年7月に発売されたベーシックな仕様の限定モデルである。「初めての輸入車、初めてのプジョー車」をキーワードに一部の装備を簡略化することで、199万円という戦略的な価格を実現。240台が限定販売された。

今回の再販に際しても、仕様や価格などの変更はなく、ベースとなった「208スタイル」(6AT)より、バックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスの3つの装備が省かれている。

(Clubpyme)
 

「プジョー208ファーストセレクション」
「プジョー208ファーストセレクション」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2018.10.17 試乗記 名門復権に向けた第2の矢として、市場に投入された新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。新生アルファならではのスポーティーなニューモデルは、果たして期待に応える出来栄えだったのか? “自慢の走り”を確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
ホームへ戻る