プジョーからお値段199万円の「208」が再登場

2018.01.05 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年1月5日、コンパクトカー「プジョー208」の限定モデル「ファーストセレクション」を追加販売すると発表。同日販売を開始した。

208ファーストセレクションは、2017年7月に発売されたベーシックな仕様の限定モデルである。「初めての輸入車、初めてのプジョー車」をキーワードに一部の装備を簡略化することで、199万円という戦略的な価格を実現。240台が限定販売された。

今回の再販に際しても、仕様や価格などの変更はなく、ベースとなった「208スタイル」(6AT)より、バックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスの3つの装備が省かれている。

(Clubpyme)
 

「プジョー208ファーストセレクション」
「プジョー208ファーストセレクション」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売 2018.11.29 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
ホームへ戻る