第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす

2018.01.15 エディターから一言
6.2リッターV8エンジン「LT1」を搭載した「シボレー・カマロSS」。今、正規で購入できる唯一のアメリカンスペシャリティーカーであり、真正のマッスルカーである。
6.2リッターV8エンジン「LT1」を搭載した「シボレー・カマロSS」。今、正規で購入できる唯一のアメリカンスペシャリティーカーであり、真正のマッスルカーである。拡大

怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がClubpyme編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するClubpymeほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。

今日日(きょうび)めずらしいくらいに、ちゃんとおっかないデザインをしたフロントマスク。映画『トランスフォーマー』シリーズでは正義の味方を演じている「カマロ」だが、この顔はどう見ても“ヒール”でしょう。
今日日(きょうび)めずらしいくらいに、ちゃんとおっかないデザインをしたフロントマスク。映画『トランスフォーマー』シリーズでは正義の味方を演じている「カマロ」だが、この顔はどう見ても“ヒール”でしょう。拡大
記者がイチバン好きな新型「カマロ」のディテールがこちら。2代目「シボレー・シェヴェル」をはじめとした、さまざまな名車が思い出される意匠である。この1枚を、アメリカンスペシャリティーに憧れたことのある、すべての読者諸兄姉にささげます。
記者がイチバン好きな新型「カマロ」のディテールがこちら。2代目「シボレー・シェヴェル」をはじめとした、さまざまな名車が思い出される意匠である。この1枚を、アメリカンスペシャリティーに憧れたことのある、すべての読者諸兄姉にささげます。拡大
ジェットエンジンを思わせる、丸いエアコン吹き出し口が目を引くインストゥルメントパネルまわり。デザイン優先に見えるけど、使ってみるとあるべき場所にあるべきものがあって結構使いやすい。収納はちょっと少ないが、まあ、そこはクーペだから。
ジェットエンジンを思わせる、丸いエアコン吹き出し口が目を引くインストゥルメントパネルまわり。デザイン優先に見えるけど、使ってみるとあるべき場所にあるべきものがあって結構使いやすい。収納はちょっと少ないが、まあ、そこはクーペだから。拡大
見よ、このコワモテ。見よ、このパーンとしたパネル構成。言い訳がましさゼロのこのスタイリングこそ、アメリカンスペシャリティーの醍醐味(だいごみ)よ。
見よ、このコワモテ。見よ、このパーンとしたパネル構成。言い訳がましさゼロのこのスタイリングこそ、アメリカンスペシャリティーの醍醐味(だいごみ)よ。拡大

問答無用でカッコイイ

読者諸兄姉の皆さんは、「排気量6.2リッターのアメリカンマッスルカーを1泊2日好きにしていいよ」と言われたら、どうしますか? 記者は、ワンポンドのステーキを食いに行きます。

……冒頭から、いきなり読者置き去りでぶっ飛ばし気味な点については、シグナルグランプリでケツを振らずにはおれないアメ車乗りの性(さが)だと思ってお許しください。何が言いたいかというと、要するに「1泊2日乗ってていいから、シボレー・カマロで何か書いたって」と言われたので、ホントに沼津にワンポンドステーキを食いに行ったのだ。なんでワンポンドステーキなのかについては、おいおい。

品川のゼネラルモーターズ・ジャパン(GMJ)で受け取ったシボレー・カマロは、佐野弘宗氏がリポートを寄せた黒の「カマロSS」そのもの。ちなみに、あの記事も、その後に掲載された「コンバーチブル」の記事も、取材・編集を担当したのは誰あろうこのワタクシである。脳内で「いやはや、私たち縁がありますね」なんてごあいさつしつつ、あらためて実車を矯めつ眇(すが)めつ。うーん、ちきしょう。カッコイイな。こういうクルマを造らせたら、つくづくビーフが主食の連中にはかなわん。

にらみの利いたヘッドランプに、自己主張の激しいボンネットのパワーバルジ、ドアパネルの後ろでキックアップしたショルダーラインと隆々と盛り上がるリアフェンダー。サイドビューは往年のマッスルカーの伝統を受け継ぐ正統派2ドアクーペのそれで、「空気抵抗なぞ貧弱野郎の語ることヨ」ってなスタイリングをしていながら、トランクフードにはちゃっかりリアスポイラーが載っかっている。おいおい、そんな女の子のスカートみたいなもんくっつけてたら、隣んちのウォルト(映画『グラン・トリノ』の主人公。気になる人はとにかく見るべし)にしかられるぜ?

このカマロを前にすると、「ダッジ・チャージャー」の試乗記で桐畑恒治氏が使った、「蛇に睨(にら)まれた蛙」というフレーズを思い出す。遠慮のないスゴみの前には、新しい提案だの○○へのオマージュだのといったヘリクツなんぞ全部吹っ飛ぶ。ウンチクでは語れないものこそホンモノだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る