“家電IT見本市”なのに主役はすっかり自動車?
目を見張るCESの隆盛と 忍び寄るネタ切れの影

2018.01.15 デイリーコラム

盛り上がりをけん引する自動車事業

日本では“世界最大級の家電IT見本市”と紹介される「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(以下、CES)が、今年も米ラスベガスのコンベンションセンターで開催された。

今回のスケジュールは、プレスデーが1月7日と8日、そして業界向け公開となる本会場での展示が9日から12日までという日程である。公式展示期間の初日となる9日は、ラスベガスでは珍しく朝から雨模様で気温も低かった。このところ、アメリカは大寒波に襲われるなど不安定な気象状況が続いている。

そんな外界とはまったく違い、CES会場内は相変わらず熱気ムンムン。中でも自動車関連の出展が多いノースホールは、人気ブースの周辺を通り抜けるのが大変になるほどのにぎわいだった。自動車メーカーでは、日系がトヨタ、日産、ホンダ。アメリカはフォードとFCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ)。ドイツ系はダイムラー。そして韓国からは現代自動車グループよりヒュンダイとキアが出展した。

14日からは北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)が開催されたこともあり、CESとデトロイトの両方にブースを構えるメーカーは限られた。それでも、ノースホールはどこかのモーターショーかと見間違えるほど、自動車中心の雰囲気であった。

CESに展示された、トヨタの市街地向け自動運転実験車両。
CESに展示された、トヨタの市街地向け自動運転実験車両。拡大
ホンダブースでは、モビリティーにまつわる技術に加え、ロボティクス関連の展示が注目を集めていた。
ホンダブースでは、モビリティーにまつわる技術に加え、ロボティクス関連の展示が注目を集めていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事