ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売

2018.01.17 自動車ニュース
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。ジャガー・ランドローバー・ジャパンによれば、日本市場への輸入および販売の予定はない。

 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大

2016年1月に生産終了したランドローバー・ディフェンダーが限定車としてよみがえる。今回発表されたディフェンダー ワークスV8には405psと515Nmを生み出す5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンが搭載されており、0-60mph(約97km/h)加速を5.6秒でこなす。最高速は106mph(約171km/h。リミッター作動)。

トランスミッションはスポーツモードを備えたZF製の8段ATで、ブレーキは強化されており、ハンドリングキット(スプリング、ダンパー、アンチロールバー)が組み込まれている。タイヤサイズは265/65R18。オールテレインタイヤが装着されている。

ホイールベースは、モデル名で「90」と呼ばれるショートタイプと、「110」と呼ばれるロングタイプが用意される。また今後、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジン搭載車を加える予定もあるという。

(Clubpyme)

◆「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る