第75回:安物買いの銭失い

2018.01.30 カーマニア人間国宝への道

破滅系イタ車マニア、安ド参上

前回までは、輸入中古車愛好家の伊達軍曹が新車の「スバルXV」を買ったという“事件”を、どうでもいい感じで掘り下げたが、結論はなぜか「マツダは頑張ってる!」というものになった。

何を隠そうMJ戦略参謀本部には、ごく最近マツダ車を買った隊員がいる。安ド二等兵である。

MJ参謀長(以下 M):安ドのニューマシンについて説明せよ。

安ド二等兵(以下 安):はい。殿もよくご存じのように、先代「デミオ」の「1.5スポルト」5MT車です。もちろん中古です。

M:実はよく知っておる。先代デミオは傑作だな。

安:殿は登場当初から、“まるで「ロータス・エリーゼ」のようなハンドリング”と絶賛してましたよね。

M:実はエリーゼのようなハンドリングは、ノーズの軽い1.3のMTに限るのだが、それはともかく、これまで安ドはイタリア車マニアだったわけだな。

安:はい。参謀本部入りした7年前は、「アルファ スパイダー」の「2.0ツインスパーク」(MT)に乗っておりました。その前は「クーペ フィアット」にも乗ってました。

M:この世で一番故障しそうな、20世紀製のイタ車軍団であるな。

安:いえ、クーペ フィアットは走行中にラジエーターホースが裂けてドバッと漏れたのが1回だけです! アルファ スパイダーも、幌(ほろ)以外故障したことはありません!

M:幌は一番やっかいな故障ではないか?

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。拡大
安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。
安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。拡大
安ド二等兵の先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)のインテリア。後席には息子用のチャイルドシートも備え付けられている。
安ド二等兵の先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)のインテリア。後席には息子用のチャイルドシートも備え付けられている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第76回:騙されてつながった赤い糸 2018.2.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第76回は「騙されてつながった赤い糸」。「MJ戦略参謀本部」放談、第4弾。激安イタ車に愛を捧げ続けた男、安ド二等兵。彼が、諦めの境地で手に入れた「マツダ・デミオ」に、驚愕の事実が発覚!  
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • 第106回:フェラーリ並みのオプション地獄 2018.10.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第106回は「フェラーリ並みのオプション地獄」。ディーラー試乗車の「ホンダN-BOX」、筆者がその価格表を見て知った驚愕の事実とは? 今、日本で一番売れている“国民車”、その実態に迫る。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • 第104回:国民車議論ふたたび 2018.9.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第104回は「国民車議論ふたたび」。「スイフトスポーツを国民車に!」と声高に唱えていた筆者、しかしそれはかなわぬ夢なのか!? 兄弟車が幅をきかせる国内市場で、人気のクルマに共通する、ある特徴とは?
ホームへ戻る