スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売

2018.01.23 自動車ニュース
「スズキSV650X ABS」
「スズキSV650X ABS」拡大

スズキは2018年1月22日、カフェレーサースタイルの新型二輪車「SV650X ABS」を、同年1月26日に発売すると発表した。価格は78万1920円。

 
スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売の画像拡大

“ネオレトロ”なカフェレーサーをイメージ

SV650X ABSは、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルに仕上げたモデル。ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートなどの“スポーツカスタム”の要素を取り入れたほか、燃料タンクには「SUZUKI」の文字を入れ、レトロな印象でまとめているのが特徴。2017年秋に開催された東京モーターショーで世界初公開された。

同車の主な特徴は以下のとおり。

<SV650X ABSの主な特徴>

デザイン・装備

  • レトロな印象の、カフェレーサースタイルの個性的な外観。
  1. 左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル。
  2. カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドル。
  3. シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート。
  4. 「SUZUKI」の文字を入れた燃料タンク。
  • 車体色はグレー「オールトグレーメタリックNo.3」を設定。
  • プリロード調整式のフロントフォーク。
  • 黒色のレバー、フットステップおよびペダルを装備。
  • ヘッドライトの下にオプションでフォグランプを装着可能。
  • スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
  • 前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの利きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。

エンジン・車体

  • 645cc水冷90度V型2気筒エンジン
  • 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進や停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させた。
  • スリムで軽量な車体(装備重量197kg)により、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、軽快で優れたハンドリング性能を実現。

年間目標販売台数は500台。

(Clubpyme)

関連キーワード:
SV650X, スズキ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売 2018.1.23 自動車ニュース スズキは2018年1月22日、新型二輪車「SV650X ABS」を発表した。発売は1月26日。外観はカフェレーサースタイルでまとめられているほか、燃料タンクには「SUZUKI」のロゴが入るなど、レトロな雰囲気が演出されている。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • モチーフは日本刀、スズキが新型「カタナ」を世界初公開 2018.10.3 自動車ニュース スズキがドイツで新型「KATANA(カタナ)」を発表。1980年にデビューした「GSX1100S KATANA」をモチーフとした海外向けの大型二輪車で、往年のモデルと同様、日本刀をモチーフとした個性的なデザインを特徴としている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • ヤマハMT-07 ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.23 試乗記 「スポーティ&ファンライド」をキャッチコピーに掲げ、ジムカーナでも活躍を見せるヤマハのロードスポーツモデル「MT-07」。高い運動性能と、誰もが気持ちよいライディングを楽しめるドライバビリティーを身上とした一台に触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る