「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施

2018.01.25 自動車ニュース
「シボレー・コルベット」
「シボレー・コルベット」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年1月25日、自分だけの「シボレー・コルベット」をオーダーできる「シボレー・コルベット テーラーリング・プログラム」を、同年2月10日から2月25日までの期間限定で実施すると発表した。

 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大

コルベットの誕生65周年を記念した今回のプログラムは、ボディーカラーやインテリアカラーに加えて、トランスミッションやホイール、シート、グランドエフェクト(空力パーツ)なども細かくオーダーできるのが特徴。選べる組み合わせは1億通り以上とされる。

プログラムの対象となるベースモデルは、最新型である2019年モデルの「グランスポーツ クーペ(7段MT/8段AT)」「コンバーチブル(8段AT)」「Z06クーペ(7段MT/8段AT)」「Z06コンバーチブル(8段AT)」となる。

選択可能な項目は以下の通り。

  • エクステリアカラー
  • インテリアカラー
  • トップカラー(ほろ)
  • シートタイプ
  • インテリアトリムパネル
  • シートベルトカラー
  • カスタムレザーステッチ
  • バッジパッケージ
  • ドアミラー
  • フェンダーハッシュマーク
  • フードインサート
  • ベント
  • ルーフパネル(クーペのみ)
  • トノインサート(コンバーチブルのみ)
  • ホイール
  • ブレーキキャリパー
  • パフォーマンスパッケージ
  • ブレーキ
  • トランスミッション(7段MT/8段AT)
  • パフォーマンスデータ&ビデオレコーダー等

注文受け付け順に生産工場への発注が行われ、出荷開始は2018年6月以降となる予定。

(Clubpyme)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
ホームへ戻る