第475回:スキーやスノボよりも楽しい!?
「SUBARUゲレンデタクシー」をリポート

2018.01.31 エディターから一言
5周年を迎えた「SUBARUゲレンデタクシー」。今シーズンは過去最多となる4会場で開催されている。
5周年を迎えた「SUBARUゲレンデタクシー」。今シーズンは過去最多となる4会場で開催されている。拡大

2014年より各地のスキー場で開催されている「SUBARUゲレンデタクシー」は、その名の通り、スキーヤーやスノーボーダーを、リフトに代わってスバルのSUVでリフト到着地点まで送り届けるというユーザー体験型イベントである。今回は、1月20日と21日の2日間、岩手・安比高原スキー場で行われた同イベントの模様をリポートする。

安比高原・セントラルクワッドの脇に設けられた、ゲレンデタクシーの発着所。大勢のスキーヤーが乗車待ちをしている。
安比高原・セントラルクワッドの脇に設けられた、ゲレンデタクシーの発着所。大勢のスキーヤーが乗車待ちをしている。拡大
ゲレンデタクシーの屋根には、イベントをサポートするTHULEのスキーキャリアが装着される。
ゲレンデタクシーの屋根には、イベントをサポートするTHULEのスキーキャリアが装着される。拡大
ミシュランの定番スタッドレスタイヤ「X-ICE XI3」が雪上での激しい走りを支える。
ミシュランの定番スタッドレスタイヤ「X-ICE XI3」が雪上での激しい走りを支える。拡大
激しい雪の中、激走する「スバル・フォレスター」。
激しい雪の中、激走する「スバル・フォレスター」。拡大

豪快なドリフトも楽しめる

会場に用意された車両は、「スバルXV」「フォレスター」「アウトバック」というスバルSUVオールラインナップ。すべての車両には、THULE(スーリー)のキャリアとミシュランのスタッドレスタイヤ「X-ICE XI3」、そしてタクシーの行灯(あんどん)が装着されている。このタクシーをドライブするのは、ラリーストなど雪上ドライブに長(た)けたプロドライバーたちだ。

タクシーとはいっても、料金は無料。唯一の条件は、ゲレンデタクシーと共に写真を撮り、その画像をSNSにアップすればOKというもの。現場には、今どきの企画らしくSNS映えするポップなボードも多数用意されており、カップル、親子、グループで楽しそうに写真を撮っていた。

そしてなんと、安比の素晴らしい雪を前にして、ゲレンデタクシーには長蛇の列が。リフトを使えば、もっとたくさん滑れるのに……とも思うのだが、それだけゲレンデタクシーに皆、興味津々なのだ。その関心度の高さゆえか、通常、上りの片道コースとなる同乗を、ゴール地点で降車せずに往復のドライブを希望する人も多いのだとか。

実際、取材中にも、スキー板やボードをスタート地点に残したまま乗車する人が多く見受けられ、これを受けてドライバーもサービス精神を大いに発揮。豪快に斜面を駆け上がる上りに加え、下りでは、派手に雪を蹴散らすドリフト走行で乗客を楽しませていた。

あなたにおすすめの記事
新着記事