第11回:長距離ドライブで実力を試す

磐石の仕上がり 2018.02.06 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。

新しさが伝わってくる

ボルボにとって先代のXC60は屋台骨を支える一台だった。「販売台数がボルボ社全体の3分の1を占めるまでになった、世界で一番売れたボルボ」といえば、どれだけ大切かが分かるだろう。日本でも2009年から販売を開始。当時、完全停止できるまでの自動ブレーキを搭載していたクルマは存在しておらず、日本における自動ブレーキの認可を取得した第1号車だったという逸話を残している。そこには超すべきハードルがいろいろとあったと聞くが、少しでも早くユーザーに安全を届けようという姿勢が、認可の取得や販売の成功につながったのだろう。

そんなXC60がフルモデルチェンジを果たし、2代目となる新型が日本に導入された。新たなXC60は110億USドル(約1兆3000億円)を投資してSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を開発し、Drive-Eパワートレインや将来の電動化を見据えたプラットフォームを採用。結果として前後重量配分の適正化や、ホイールベースの延長、そしてオーバーハングの短縮などを可能としながら、伸びやかで美しいプロポーションを実現することに成功した。ちなみにこのSPAは、すでに販売されている「XC90」にも採用されており、今回のXC60とデザイン上でもつながりがあることは一目瞭然だ。インテリアについてもXC90と同様のテイストが伝わってくるが、9インチの縦長ディスプレイと同等にした縦長ルーバーの存在もあり、よりモダンな仕立てを意図したことがうかがえる。

とはいえ、XC60は単なる小さいXC90を造ろうとしたわけではないという。デザイナーは「なにがなんでも“小さい90”にはしたくない」という思いがあったらしい。一見すればたしかにXC90に比べればワイド&ローなエクステリアで、スポーティーであることを感じさせられる。前後灯火類のワイドな感覚、そして下部に広がっていくボディーの構えがあるからこそそんな印象を受けるのだろう。

今回はそんなXC60で、東京都心から三重県の伊勢神宮までの往復1000kmに及ぶロングランに、編集者とカメラマン、そして僕の3人で旅立つ。新生XC60はその旅路で一体どんな味を見せてくれるのか楽しみだ。

2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。日本では2017年10月に販売が開始された。
2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。日本では2017年10月に販売が開始された。拡大
試乗車「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリアは、ブラックとブロンドのツートンカラーで仕立てられていた。
試乗車「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリアは、ブラックとブロンドのツートンカラーで仕立てられていた。拡大
中央に備わるタッチスクリーン式の縦型9インチディスプレイ。カーナビやオーディオ、安全装備、マッサージ機能(搭載車のみ)などの操作は、この画面を介して行う。
中央に備わるタッチスクリーン式の縦型9インチディスプレイ。カーナビやオーディオ、安全装備、マッサージ機能(搭載車のみ)などの操作は、この画面を介して行う。拡大
Tの字を横にしたデザインのヘッドランプ。北欧神話に登場する神が持つ「トールハンマー」がモチーフになっている。
Tの字を横にしたデザインのヘッドランプ。北欧神話に登場する神が持つ「トールハンマー」がモチーフになっている。拡大
今回長距離ドライブに連れ出したのは、2リッターのターボエンジン搭載車「XC60 T5 AWDインスクリプション」。燃料タンクの容量は60リッター、JC08モードの燃費値は12.6km/リッター。
今回長距離ドライブに連れ出したのは、2リッターのターボエンジン搭載車「XC60 T5 AWDインスクリプション」。燃料タンクの容量は60リッター、JC08モードの燃費値は12.6km/リッター。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『Clubpyme』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第5回:ボルボXC40(前編) 2018.9.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 ボルボの新しい小型車用プラットフォーム「CMA」を基に開発された「XC40」には、中身はもちろん、その外見……すなわちデザインにも新しい試みが取り入れられている。既存のモデルとは一線を画す造形を、現役デザイナーの明照寺氏はどう評価するのか。
ホームへ戻る