マックイーンのあのマスタングが復活!
50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た

2018.02.05 デイリーコラム

世界一有名なグリーンの「マスタング」

デトロイトモーターショーのプレビューイベントで、フォードのステージに1968年型「マスタング」が現れた。かたわらに立ってほほ笑む美女は、モリー・マックイーン。スティーブ・マックイーンの孫娘である。このマスタングは、映画『ブリット』の撮影で使われたモデルそのものなのだ。

2台の撮影車のうちの1台が長らく行方不明になっていたが、最近になって発見されたのだという。ナッシュビルの納屋でひっそりと保管されていたらしく、塗装がはげてサビが浮いているものの状況は良さそうだ。エンジンもかかるので、手を入れれば走行も可能だろう。

マスタングの名声を世界中に知らしめたのが『ブリット』である。サンフランシスコの坂道で「ダッジ・チャージャー」を追い詰めるシーンは、世界で最も有名なカーチェイスと言われている。サンフランシスコ警察のブリット刑事はチャージャーに乗った2人組の殺し屋を発見するが、気づいた彼らは交差点で急発進。アップダウンの激しい道で、すさまじい追跡劇が始まる。CGを使ってインパクトだけを追求する最近の映像とは違い、生の迫力が観る者を圧倒する。

坂の頂上ではいきおいあまってジャンプし、着地するとサスペンションがフルボトムして悲鳴を上げる。コーナーでは派手にカウンターを当てて斜めに抜けていく。バトルが始まってからは音楽が消え、V8エンジンの咆哮(ほうこう)とタイヤのスキール音だけが響き渡って臨場感を高めた。スタントは使わず、マックイーン本人が運転している。高い運転技術を持ち、数々のレースに出場していた彼がドライバーズシートを他人に譲るはずはない。

北米国際自動車ショーのプレビューイベントにて、ステージへと向かう1968年型「フォード・マスタング」。映画『ブリット』の劇中車だ。
北米国際自動車ショーのプレビューイベントにて、ステージへと向かう1968年型「フォード・マスタング」。映画『ブリット』の劇中車だ。拡大
現オーナーのショーン・キアナン氏と、ドライバーズシートに座るモリー・マックイーン氏。
現オーナーのショーン・キアナン氏と、ドライバーズシートに座るモリー・マックイーン氏。拡大
ショーン・キアナン氏が運転する、1968年型「フォード・マスタング」。
ショーン・キアナン氏が運転する、1968年型「フォード・マスタング」。拡大
『ブリット』の劇中車だったグリーンの「マスタング」は、ナッシュビルにあるキアナン氏の納屋で保管されていたという。
『ブリット』の劇中車だったグリーンの「マスタング」は、ナッシュビルにあるキアナン氏の納屋で保管されていたという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
ホームへ戻る