ただいま街で増殖中!
新型タクシーの素顔に迫る

2018.02.09 デイリーコラム

ベースはコンパクトミニバン

タクシーは、いわば都会の顔。街を行き交うタクシーがまとう“色”が風景の濃淡を作り出す。ニューヨークのイエローキャブは、その代表例。“ブラックキャブ”とも呼ばれるロンドンタクシーは、独特の形と黒い塗装が印象的で、タイのバンコクならショッキングピンクを中心とした派手な装いが目に焼きつく。

日本ではどうかというと、ボディーの色は黒が多く、白や黄色、緑の組み合わせや、個人タクシーの白地に青ラインも目に付く。「トヨタ・プリウス」やいわゆるミニバンが増加しているものの、ボディータイプはセダンが基本。大手のタクシー会社のクルマは、トヨタの「クラウン」をはじめとする角ばった車両がほとんどだ。

そんな中、最近都内で急速に目につき始めたのが、黒に近い深い藍色に塗られ、小ぶりながら丸々とした新型のタクシー。トヨタが22年ぶりに投入したタクシー専用車「JPN TAXI」(ジャパンタクシー)だ。入れ替え需要が増えて、2017年末までに1000台以上が世に出回ったため、突然見かける機会が増えた印象があるのかもしれない。

どこかロンドンタクシーに近いイメージをもつジャパンタクシーの元となったのは、同社のコンパクトミニバン「シエンタ」。実は、同じ開発担当者がジャパンタクシーも手がけている。今回、Toyota Compact Car Company(トヨタ・コンパクトカー・カンパニー)のTC製品企画ZPチーフエンジニアである粥川 宏氏に話を聞いたところ、タクシーならではの特殊な事情や苦労が見えてきた。

「トヨタ・ジャパンタクシー」。2017年10月にデビューした。
「トヨタ・ジャパンタクシー」。2017年10月にデビューした。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高が4400×1695×1750mm、ホイールベースは2750mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高が4400×1695×1750mm、ホイールベースは2750mm。拡大
今回話をうかがった粥川 宏氏。トヨタ自動車 Toyota Compact Car CompanyのTC製品企画ZPチーフエンジニアとして、「ジャパンタクシー」の開発を取りまとめた。
今回話をうかがった粥川 宏氏。トヨタ自動車 Toyota Compact Car CompanyのTC製品企画ZPチーフエンジニアとして、「ジャパンタクシー」の開発を取りまとめた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ジャパンタクシー」出発式の会場から 2017.10.24 画像・写真 トヨタが新型タクシー車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。東京・台場で出発式を開催した。各タクシー会社の関係者が集った出発式の様子を、ジャパンタクシーのディテールとともに写真でリポートする。
  • ただいま街で増殖中!
    新型タクシーの素顔に迫る
    2018.2.9 デイリーコラム 2017年の年末から街で見られるようになってきた、コロリとしたデザインの新型タクシー。その開発に際しては、タクシー専用車ならではの特別な事情や苦労があったというのだが……? 生みの親に話を聞いた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
ホームへ戻る