単なるブームの産物なのか?
新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと

2018.02.16 デイリーコラム

流用はしてもオリジナル

思い起こせば、今から約6年前の2012年4月。中国・北京モーターショーで初披露されたSUVコンセプト「ウルス」の存在を知ったとき、「ついにランボルギーニもSUVブームの波に乗るのか」と、少々冷めた気持ちになったものだった。

エコカーブームが到来するとともに大排気量車が敬遠されるようになり、その流れからSUVも同時に縮小していくという話がまことしやかにささやかれたときもあった。しかしながら、厳しい寒波をはじめとする気候や危機感を覚えさせる世界情勢などが、結果的にSUVの追い風となった。2002年登場の「ポルシェ・カイエン」の成功に始まり、「BMW X6」や「レンジローバー スポーツ」など、これまでのSUVの概念を打ち破るモデルが続々と登場し、舞台は整った。その後を見ても、ベントレーの「ベンテイガ」を筆頭に、ジャガーの「Fペース」、マセラティの「レヴァンテ」など、これまでSUVとは無縁だったブランドからも積極的にSUVが送り出されてきた。ランボルギーニも単に時代の風に乗っただけなのだろうか?

もちろん、ウルスがフォルクスワーゲン グループのシナジーを最大限に活用して誕生したことは間違いない。グループ内には、大型SUVに使えるプラットフォームやエンジンが存在しているからだ。そこで筆者は、ウルスと他モデルとの共通性について、発表会のために来日した、ランボルギーニの研究開発部の取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に質問してみた。

彼はまず、ランボルギーニにとってどれだけエンジンが重要なのかを強調した上で、「ウルスのエンジンはブロックにまで手を加えたもので、ほぼオリジナルといえる」と回答。さらにプラットフォームについては、ベースとなるものがあることは認めながらも異なるとし、ウルスの独自性を示した。実際、ホイールベースは、グループ内の大型SUVの「ベントレー・ベンテイガ」が2995mm、「アウディQ7」が2994mmなのに対して、ウルスは3003mmである。

足まわりについては、ランボルギーニのフラッグシップスポーツカー「アヴェンタドールS」譲りの後輪操舵機構「リアホイールステアリング」を搭載。後輪に最大±3度の舵角を与えることで、俊敏性と走行安定性を向上させる。ブレーキ性能にも抜かりはなく、SUVながら市販車最大サイズのカーボンセラミックブレーキがおごられた。このブレーキシステムには事実上、フェードの心配がないという。その高性能ぶりは、SUVトップとなる303km/hという最高速度を知るだけで十分だろう。

2018年2月6日、国内における「ランボルギーニ・ウルス」発表会のひとこま。傍らに立つのは、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。
2018年2月6日、国内における「ランボルギーニ・ウルス」発表会のひとこま。傍らに立つのは、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る