単なるブームの産物なのか?
新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと

2018.02.16 デイリーコラム

流用はしてもオリジナル

思い起こせば、今から約6年前の2012年4月。中国・北京モーターショーで初披露されたSUVコンセプト「ウルス」の存在を知ったとき、「ついにランボルギーニもSUVブームの波に乗るのか」と、少々冷めた気持ちになったものだった。

エコカーブームが到来するとともに大排気量車が敬遠されるようになり、その流れからSUVも同時に縮小していくという話がまことしやかにささやかれたときもあった。しかしながら、厳しい寒波をはじめとする気候や危機感を覚えさせる世界情勢などが、結果的にSUVの追い風となった。2002年登場の「ポルシェ・カイエン」の成功に始まり、「BMW X6」や「レンジローバー スポーツ」など、これまでのSUVの概念を打ち破るモデルが続々と登場し、舞台は整った。その後を見ても、ベントレーの「ベンテイガ」を筆頭に、ジャガーの「Fペース」、マセラティの「レヴァンテ」など、これまでSUVとは無縁だったブランドからも積極的にSUVが送り出されてきた。ランボルギーニも単に時代の風に乗っただけなのだろうか?

もちろん、ウルスがフォルクスワーゲン グループのシナジーを最大限に活用して誕生したことは間違いない。グループ内には、大型SUVに使えるプラットフォームやエンジンが存在しているからだ。そこで筆者は、ウルスと他モデルとの共通性について、発表会のために来日した、ランボルギーニの研究開発部の取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に質問してみた。

彼はまず、ランボルギーニにとってどれだけエンジンが重要なのかを強調した上で、「ウルスのエンジンはブロックにまで手を加えたもので、ほぼオリジナルといえる」と回答。さらにプラットフォームについては、ベースとなるものがあることは認めながらも異なるとし、ウルスの独自性を示した。実際、ホイールベースは、グループ内の大型SUVの「ベントレー・ベンテイガ」が2995mm、「アウディQ7」が2994mmなのに対して、ウルスは3003mmである。

足まわりについては、ランボルギーニのフラッグシップスポーツカー「アヴェンタドールS」譲りの後輪操舵機構「リアホイールステアリング」を搭載。後輪に最大±3度の舵角を与えることで、俊敏性と走行安定性を向上させる。ブレーキ性能にも抜かりはなく、SUVながら市販車最大サイズのカーボンセラミックブレーキがおごられた。このブレーキシステムには事実上、フェードの心配がないという。その高性能ぶりは、SUVトップとなる303km/hという最高速度を知るだけで十分だろう。

2018年2月6日、国内における「ランボルギーニ・ウルス」発表会のひとこま。傍らに立つのは、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。
2018年2月6日、国内における「ランボルギーニ・ウルス」発表会のひとこま。傍らに立つのは、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 今夏から渋滞時の“手放し運転”が解禁に
    BMWの「ハンズ・オフ機能」を解説する
    2019.5.3 デイリーコラム BMWジャパンが2019年夏に「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を備えた車両を導入すると明らかにした。いわゆる“手放し運転”を実現した技術的背景と、特殊な道路事情を抱えた日本に適合させた、同社の取り組みについて解説する。
  • 「ポルシェ・カイエンクーペ」の予約受注がスタート 2019.4.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年4月22日、同年3月21日に本国ドイツデビューした新型SUV「カイエンクーペ」の日本での価格を発表するとともに、予約受注を開始した。導入されるのは「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の右ハンドル仕様2モデルとなる。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る