第483回:海洋レースの醍醐味ここにあり!
ボルボ・オーシャンレースの魅力とブランド戦略を考察する

2018.02.17 エディターから一言
カオルーンベイで行われたインポートレースの様子。
カオルーンベイで行われたインポートレースの様子。拡大

試合期間は9カ月! フルカーボンのレーシングヨットで5つの海を渡る、過酷で熾烈(しれつ)な世界一周レース「ボルボ・オーシャンレース」。この大会をオーガナイズするボルボのブランド戦略を、他の競技にはない海洋レースならではの魅力とともに紹介する。

向かい風の中、折り返し地点のマーカーに到達する東風レーシングチームのヨット。
向かい風の中、折り返し地点のマーカーに到達する東風レーシングチームのヨット。拡大
旋回を済ますと、追い風を効率よく受けられるように、素早く帆を張り替える。
旋回を済ますと、追い風を効率よく受けられるように、素早く帆を張り替える。拡大
船体を傾け、高速で走るヨットの上で素早く帆をたたむクルー。今回取材したのはスプリントレースだが、ボルボ・オーシャンレースのだいご味は長期間かけて大洋を渡るオフショアレースにある。
船体を傾け、高速で走るヨットの上で素早く帆をたたむクルー。今回取材したのはスプリントレースだが、ボルボ・オーシャンレースのだいご味は長期間かけて大洋を渡るオフショアレースにある。拡大

レースの舞台は地球です

手元の資料をもとに電卓をはじいてみたところ、1シーズンにおけるF1世界選手権の走行距離は、2017年を例にとると合計で6091.164kmだった。伝統のルマンを含む世界耐久選手権では、各レースの優勝車の走行距離を合計すると、1万3173kmとなる。

レースという極限状態でこれだけの距離を走るというのだから、レーシングドライバーのメンタルとフィジカルには恐れ入るよりほかにないが、同じ1シーズンでそれよりはるかに長い距離を、しかもエンジンやモーターといった動力に頼らずに走破する競技が存在する。それが、ボルボ・オーシャンレースである。

アメリカズカップやオリンピックと並び、世界3大ヨットレースに数えられるこのイベントの航行距離は、過去最長となった今大会(2017-2018大会)で、実に8万km。クルーたちは9カ月という時間をかけて地球2周分の海を走破し、雌雄を決する。

「スエズ運河も、パナマ運河もなかった時代の航海を味わいたい」
そんなセーラーたちの冒険心から、この地球一周レースが誕生したのは1973年。当初は好事家たちの冒険といった意味合いの強いイベントだったが、かつてのラリーがそうだったように、やがて競技として先鋭化。多くの観客を集め、有力チームを世界の一流企業がスポンサードする一大イベントとなって現在に至っている。

今日、そんなボルボ・オーシャンレースをオーガナイズしているのが、スウェーデンを代表する複合企業のボルボグループと、私たちもよく知るボルボ・カーズである。

あなたにおすすめの記事
新着記事