クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日産セレナNISMO(FF/CVT)

ボディー剛性は家族のために 2018.02.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。

ただのミニバンではないぞ!

「すごくいいクルマをご用意しましたよ。ミニバンなのに、シートがRECAROなんです!」
相変わらずClubpyme編集部、F青年のセールストークは流れるようだ。確かに興味深い。ミニバンも多様化しているのだから、走り仕様のモデルがあってもいい。

夜になってF青年がセレナNISMOを届けにきてくれた。暗いのでよく見えないが、どこか違和感がある。
「これ、RECAROじゃないよね?」
「あー、そうみたいです~。ま、お気になさらず」
「……」

結局、試乗車にはRECAROシートのオプションが未装着だった。だが、そのくらいのことでガッカリしてはいけない。日産のモータースポーツ活動を担うNISMOが仕込んだクルマである。専用デザインが用いられているのはもちろん、パワーユニットを制御するコンピューターにもチューニングが加えられているという。ただのファミリーカーではなさそうだ。セレナには何度も乗っているが、期待してしまうではないか。

その日は駐車場まで乗っただけで、翌日の早朝にあらためて対面した。離れたところから見ても、ギラギラしている。ドスが利いていて、近寄りがたいオーラが漂う。フロントグリルやバンパーは専用デザインで、空力性能を高める形状が採用されている。バンパー下にNISMOのアイコンカラーである赤のラインが走り、サイドに回り込んでリアまで続く。ドアミラーにも赤いラインが施されている。ルーフ後端に取り付けられた専用スポイラーは、かなり目立つ形状だ。17インチアルミホイールも専用デザインで、全体からただのミニバンではないぞという主張が伝わってくる。

「セレナNISMO」が発売されたのは2017年11月のこと。「マーチ」「ノート」「フェアレディZ」「ジューク」「GT-R」に続く、6車種目のNISMOロードカーだ。
「セレナNISMO」が発売されたのは2017年11月のこと。「マーチ」「ノート」「フェアレディZ」「ジューク」「GT-R」に続く、6車種目のNISMOロードカーだ。拡大
シートの表皮には、滑りにくいスエード調の生地を採用。残念ながら筆者は体験できなかったが、専用チューニングが施されたRECARO製スポーツシートもオプションで用意される。
シートの表皮には、滑りにくいスエード調の生地を採用。残念ながら筆者は体験できなかったが、専用チューニングが施されたRECARO製スポーツシートもオプションで用意される。拡大
「セレナNISMO」には8人乗り仕様のみが設定される。2列目シートは3人乗りのベンチタイプ。
「セレナNISMO」には8人乗り仕様のみが設定される。2列目シートは3人乗りのベンチタイプ。拡大
3列目シートも3人乗り。センターのヘッドレストは取り外しが可能で、荷室内に専用の収納スペースが設けられている。
3列目シートも3人乗り。センターのヘッドレストは取り外しが可能で、荷室内に専用の収納スペースが設けられている。拡大

すごみを感じさせるエキゾーストノート

セレナは売れ筋ミニバンだから、近所の人も乗っている可能性が高い。知り合いと同じクルマに乗るのはちょっとイヤだと感じてしまうのが人情だ。当たり前のセレナでは飽き足らずに「ハイウェイスター」を選ぶわけだが、同じことを考える人が多い。当たり前のハイウェイスターでも不満な人は、セレナNISMOの特別感に引きつけられるだろう。

運転席に収まっても、自分がNISMOに乗っているという優越感は続く。インテリアは黒基調で、ステアリングホイールやシフトノブには赤いステッチが施されている。メーターやセンタークラスター、エンジンスターターボタンなどの彩りも赤だ。ダッシュボードにはシート地と同じスエード調素材が使われていて、感触が柔らかい。他の要素がスポーティーなのに、ここだけはコンフォータブル志向のように感じる。走り志向でも、ミニバンなのだから快適性も重要なのだ。

少しずつアクセルを踏んでいくと、明らかにノーマルとは違うサウンドが響いた。乾いた音質のエキゾーストノートで、すごみを感じさせる。高回転まで軽々と回りそうだ。さらにアクセルを踏み込むと、爆発的な加速が始まってあっという間にとんでもない速度に達する……ということにはならない。エンジンは通常モデルと同じなのだ。

音質が違うのは、スポーツチューンドマフラーを装着しているからである。専用チューニングのコンピューターを使って加速のリニア感を高めているというが、2リッター自然吸気エンジンのマイルドハイブリッドなのだからパワーには限界がある。高速道路で追い越しをかける時は、思い通りの加速にならずもどかしい思いをした。エンジンのサウンドを聞いて、期待を高めすぎたのかもしれない。

フロントクロスバーやフロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバーなど、全9カ所にボディー補強を受けており、走行安定性とハンドリング性能が強化されている。
フロントクロスバーやフロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバーなど、全9カ所にボディー補強を受けており、走行安定性とハンドリング性能が強化されている。拡大
シートと同様、ダッシュボードにはスエード調素材を採用。黒基調のデザインがスポーティーな気分を盛り立てる。
シートと同様、ダッシュボードにはスエード調素材を採用。黒基調のデザインがスポーティーな気分を盛り立てる。拡大
赤で縁取られたメーターパネルも専用デザイン。「NISMO」のロゴも添えられる。
赤で縁取られたメーターパネルも専用デザイン。「NISMO」のロゴも添えられる。拡大
ステアリングホイールは本革とアルカンターラによる仕立て。0時の位置には赤いセンターマークが備わる。
ステアリングホイールは本革とアルカンターラによる仕立て。0時の位置には赤いセンターマークが備わる。拡大

ボディーの9カ所を補強

ノーマルセレナに対する最大のアドバンテージは、パワーユニットではなくボディーにある。モータースポーツで培われたテクノロジーを使って大がかりな補強が行われている。フロントクロスバー、フロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバー、センターサブメンバー、センターサブメンバーブラケット、センターアンダーブレース、リアクロスバー、リアサブメンバー、リアサブメンバーサポートと、全9カ所に手が入れられた。

大きくて重心の高いミニバンは、どうしてもふらつきが生じやすい。セレナNISMOは補強によってボディーのねじれを抑制し、専用サスペンションを用いてハンドリング性能の向上を狙ったという。レスポンスのよさはドライバーにとっては福音だが、運転していて感じたのはむしろ乗り心地のよさだった。

ボディー剛性が上がれば、無駄な動きが抑えられて乗員の体が揺さぶられることは少なくなる。ミニバンは後席に乗る家族が主役なのだ。ルームミラーで後ろの様子をうかがうと、Clubpyme編集部のYさんが気持ちよさそうに寝息を立てていた。2列目の乗り心地も上々のようである。

セレナが大々的にアピールしている「プロパイロット」は、もちろん装備されている。前に乗った時には少々不満点があったが、ボディー剛性向上によって直進性が改善されていれば、神経質なステアリング制御は減少しているのではないかと期待した。しかし、残念ながらまだぎこちない動きが目立った。曲率が一定のコーナーでも、小刻みに修正舵が入る。専用デザインのステアリングホイールには赤のセンターマークが付けられているので、落ち着きのない動きがかえって目立ってしまった。

専用サスペンションの採用により、最低地上高は標準の「セレナ」よりも15mm低められている。
専用サスペンションの採用により、最低地上高は標準の「セレナ」よりも15mm低められている。拡大
最高出力150ps、最大トルク200Nmのエンジンスペックはノーマルの「セレナ」と同じだが、「リニアなレスポンス」と「心地よい加速Gの持続」を重視して、コンピューターに専用チューニングが施されている。
最高出力150ps、最大トルク200Nmのエンジンスペックはノーマルの「セレナ」と同じだが、「リニアなレスポンス」と「心地よい加速Gの持続」を重視して、コンピューターに専用チューニングが施されている。拡大
フロントマスクには、専用デザインのフロントバンパーや「NISMO」のバッジが装着される。車両全体の空力デザインには、SUPER GTに参戦する「日産GT-R」で培った技術が投入されている。
フロントマスクには、専用デザインのフロントバンパーや「NISMO」のバッジが装着される。車両全体の空力デザインには、SUPER GTに参戦する「日産GT-R」で培った技術が投入されている。拡大
ディフューザー形状をした専用のリアバンパーが装着される。マフラーにも専用チューンを受けており、主に加速時のエキゾーストサウンドに迫力を増している。
ディフューザー形状をした専用のリアバンパーが装着される。マフラーにも専用チューンを受けており、主に加速時のエキゾーストサウンドに迫力を増している。拡大

2つのサブブランドを使い分ける理由とは!?

せっかくなので、「インテリジェントパーキングアシスト」も試してみた。車庫入れと縦列駐車を補助する機能である。シフトの切り替えはドライバーが行わなければならないが、モニター上で駐車場所を設定すると自動でステアリング操作を行って枠の中に導いてくれるという触れ込みだ。あいにく、これも残念な報告になってしまう。枠は認識したものの、実際には2つの枠をまたいで止まってしまった。「ホンダ・ステップワゴン」と同等の出来である。「日産リーフ」の「プロパイロットパーキング」は完全自動で正確に動作したが、セレナのシステムはセンサーからして違うので性能的にはかなり劣る。

NISMOのロードカーは、セレナのほかに「GT-R」「フェアレディZ」「ジューク」「ノート」「マーチ」がある。GT-RやフェアレディZはもともとスポーティーなモデルだが、ほかは穏健派のクルマだ。ファミリーユースでも、走りの良さを求めるユーザーが増えているのだろう。トヨタの「GR」シリーズも「ヴィッツ」や「アクア」をラインナップしていて、同じような展開を考えているようだ。

日産には「AUTECH」もあり、すでに「セレナAUTECH」も登場している。ボディー補強などは共通で、多くのパーツを共用する。違いはNISMOの赤に対し、AUTECHは青をイメージカラーにしていることだ。2つのサブブランドを使い分けているのは、このマーケットに高い可能性を見ていることの表れだろう。

トヨタのエンジニアは、「GRを作ることでベース車の性能が向上する」と語っていた。レーシング部門が手がけていると聞くとハードでスパルタンなモデルなのかと思ってしまうが、モータースポーツで得た技術を使って市販車の基本性能を上げることが目的なのだ。セレナNISMOも、ボディー剛性を高めることで乗り心地を向上させている。恩恵を受けるのは、2列目、3列目に乗る家族なのだ。

とはいえ、RECAROのシートに座れなかったのは心残りである。ミニバンとコテコテのスポーツシートの組み合わせという強烈な違和感を体験したかった。運転手を務めるお父さんは欲しくなる装備だが、27万5400円のオプション価格を知った家族が賛成してくれるかどうかはわからない。

(文=鈴木真人/写真=三浦孝明/編集=藤沢 勝)

「セレナNISMO」には、運転支援装備「プロパイロット」が標準で備わる。
「セレナNISMO」には、運転支援装備「プロパイロット」が標準で備わる。拡大
荷室の容量や使い勝手は、ノーマルの「セレナ」と代わらない。3列目シートは左右に跳ね上げて格納する。
荷室の容量や使い勝手は、ノーマルの「セレナ」と代わらない。3列目シートは左右に跳ね上げて格納する。拡大
専用デザインの17インチアルミホイールも装着される。テスト車にはブリヂストンのスポーツタイヤ「ポテンザ アドレナリンRE003」が装着されていた。
専用デザインの17インチアルミホイールも装着される。テスト車にはブリヂストンのスポーツタイヤ「ポテンザ アドレナリンRE003」が装着されていた。拡大
シフトセレクターやスタータースイッチなど、インテリアの随所に赤のアクセントが施されている。
シフトセレクターやスタータースイッチなど、インテリアの随所に赤のアクセントが施されている。拡大

テスト車のデータ

日産セレナNISMO

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4808×1740×1850mm
ホイールベース:2860mm
車重:1720kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:150ps(110kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:200Nm(20.4kgm)/4400rpm
モーター最大出力:2.6ps(1.9kW)
モーター最大トルク:48Nm(4.9kgm)
タイヤ:(前)205/50R17 93W/(後)205/50R17 93W(ブリヂストン・ポテンザ アドレナリンRE003)
燃費:--km/リッター
価格:341万9280円/テスト車=431万2451円
オプション装備:日産オリジナルナビ取り付けパッケージ<ステアリングスイッチ[オーディオ]+6スピーカー+TVアンテナ+GPSアンテナ+リアビューモニター用プリハーネス>(2万7000円)/NISMOセーフティーパック(11万3400円)/ボディーカラー<ブリリアントホワイトパール×ダイヤモンドブラック・2トーン>(7万5600円)/快適パック(3万7800円)/オートデュアルエアコン+前席クイックコンフォートヒーター付きシート+寒冷地仕様<サードシート足元ヒーターダクト+PTC素子ヒーター+高濃度不凍液+ヒーター付きドアミラー>(7万2360円) ※以下、販売店オプション ナビレコツインモニターパック<日産オリジナルナビゲーション「MM516D-L」+ナビゲーション連動ETC2.0[NISMO]+後席専用モニター+ドライブレコーダー>(42万2259円)/NISMOフロアマット<超ロングスライド用 ブラック>(7万4088円)/NISMOエントランスプレート(5万9616円)/ウィンドウはっ水(1万1048円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:485.7km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:387.1km
使用燃料:38.9リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:10.0km/リッター(満タン法)/10.2km/リッター(車載燃費計計測値)

日産セレナNISMO
日産セレナNISMO拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
  • コーンズが力を入れている買い取り。“期待を超える”というその評判を確かめてみた。
    コーンズが力を入れている買い取り。“期待を超える”というその評判を確かめてみた。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
https://www.progressive.com.kz/

steroid-pharm.com

apach.com.ua