第484回:根は真面目
発売前の「三菱エクリプス クロス」に雪上で試乗

2018.02.21 エディターから一言
「三菱エクリプス クロス」
「三菱エクリプス クロス」拡大

三菱にとって久々のニューモデルとなる「エクリプス クロス」。カッコ優先(!?)のSUVがはびこる昨今、三菱は一体どんなSUVを世に問おうとしているのか? 雪の上で試乗してみると、“四駆”に一家言を持つ彼ららしい真面目さが浮き彫りになってきた。

試乗会場は新千歳モーターランド(北海道千歳市)。通常はダートコースだが、冬季はご覧のとおり、一面の雪。
試乗会場は新千歳モーターランド(北海道千歳市)。通常はダートコースだが、冬季はご覧のとおり、一面の雪。拡大
デザインコンセプトは“VIBRANT & DEFIANT”(「躍動、そして挑戦」と訳される)。この角度から見ると、アッパーボディーのウエッジシェイプがよくわかる。
デザインコンセプトは“VIBRANT & DEFIANT”(「躍動、そして挑戦」と訳される)。この角度から見ると、アッパーボディーのウエッジシェイプがよくわかる。拡大
ボディーのスリーサイズは4405×1805×1685mmで、ホイールベースは2670mm。試乗した最上級グレード「G Plusパッケージ」(4WD仕様)の車重は1550kg。
ボディーのスリーサイズは4405×1805×1685mmで、ホイールベースは2670mm。試乗した最上級グレード「G Plusパッケージ」(4WD仕様)の車重は1550kg。拡大
 
第484回:根は真面目発売前の「三菱エクリプス クロス」に雪上で試乗の画像拡大

心機一転のニューモデル

派手なティーザーキャンペーンを見ていささか不安に感じていたのだが、カッコだけのクーペSUVではなかった。それどころか、スタイリングも間近で見るとごくまっとう、三菱としては頑張ったのかもしれないが、無理やりルーフを低くしたわけでもなく、後方視界もしっかり確保されていた。エクリプス クロスの中身は、実用性と機能性を真面目に考慮した扱いやすいサイズのコンパクトSUVである。

発売は3月ということで、今回は新千歳空港近くの雪上特設コースで三菱自慢のS-AWCの実力を体感してほしいという狙いらしい。一般道ではリスクが大きくて試せないことも、整備されたクローズドコースなら、もうちょっといってみるか、とトライできることが最大のメリットだ。試乗車はエクリプス クロスを中心に、来るジュネーブショーに出品されるという「アウトランダーPHEV」のマイナーチェンジ版を含めた新旧「アウトランダー」も用意されていた。どちらも現時点ではあくまでプロトタイプというが、特にエクリプス クロスは日本でまだ発売されていないのが不思議なほどの完成度だった。

エクリプス クロスは三菱にとって久しぶりのニューモデル、振り返れば2012年発売のアウトランダー以来(PHEVは2013年)である。もちろんその後、日産にも供給する軽自動車の新型モデルが発売されたが、その軽自動車がいろいろと問題を起こした結果、日産グループ入りしたわけだが、その間開発陣は集中して仕事をすることも難しかったのではないかと想像する。本当にこれっきりにしないとせっかくの技術がもったいない限りだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • 「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場 2018.10.3 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「DS 3」に特別仕様車「カフェレーサー」を設定。1960年代のモーターサイクルカルチャーである“カフェレーサー”をモチーフにしたスタイルが特徴で、内外装の各所にクラシカルなグラフィックがあしらわれている。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
ホームへ戻る