【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場

2018.02.21 自動車ニュース
新型「ポルシェ911 GT3 RS」
新型「ポルシェ911 GT3 RS」拡大

独ポルシェは2018年2月21日(現地時間)、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、「911 GT3 RS」の最新型を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大

今回の911 GT3 RSは、現行型の「911 GT3」をベースに、エンジンやシャシーにさらなるチューニングが加えられたハイパフォーマンスモデルである。

固定式のリアスポイラーが備わるなど、エクステリアはエアロダイナミクスを重視したデザインを採用。インテリアにはカーボン製のフルバケットシートを装備したほか、オープニングループ付き軽量ドアパネルや軽量リアリッドの採用に加えて遮音材を削減するなど、ボディーの軽量化を図っている。

リアに搭載される4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは、先代モデルや911 GT3を20ps上回る、最高出力520psを発生。エンジン回転数は最高で9000rpmに達する。トランスミッションは専用チューニングを受けた7段PDKが組み合わされる。動力性能については、0-100km/h加速が3.2秒、最高速が312km/hと公表されている。

シャシーについては、すべてのアームにボールジョイントを採用。フロントには20インチの軽量ホイールと新開発の265/35サイズのスポーツタイヤが、リアには21インチホイールと325/30サイズのタイヤが装着される。

このほか、ロールオーバーバーと手動式消火器、バッテリー切断用スイッチアダプター、6点式シートベルトからなる無償オプション「クラブスポーツパッケージ」が設定されるほか、さらなる軽量化を望む顧客向けに、シャシーやインテリア、エクステリア用のカーボンパーツやマグネシウムホイールからなる「ヴァイザッハパッケージ」も用意される。ヴァイザッハパッケージを装着した場合の車両重量は1430kgとなる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
911, ポルシェ, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る