クルマが走るスマホになる!?
メルセデスの新しいマルチメディアシステムを試す

2018.02.26 デイリーコラム

スムーズさとレスポンスのよさに目を見張る

2017年1月、米国ラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show)で、メルセデス・ベンツは最新のインフォテインメントシステム「MBUX」(Mercedes-Benz User Experience:メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)を発表した。そして、2月3日に発表された新型「Aクラス」にそのMBUXが初搭載される。MBUXとは具体的に何ができるものなのか? Aクラスの発表会で垣間見えた性能の一端について報告する。

MBUX搭載車のインテリアには、メーターナセルがなく、ダッシュボード上にはメーターパネルとナビ画面を組み合わせたような10.25インチのディスプレイが2つ並んでいる。基本の操作はトラックパッドもしくは直接画面に触れて行うが、これまでの自動車用ディスプレイにみられた反応の鈍さはない。スマートファンやタブレットよろしくレスポンスのいい操作感を実現している。高精細な3Dの地図画像も指先の動きに合わせてスムーズに動作する。地図データはダイムラー、BMW、アウディの3社が共同所有するHere社によるものだ。

この最新システムには、米国の半導体メーカーであり、現在はAIコンピューティングカンパニーを標榜(ひょうぼう)するNVIDIA(エヌビディア)の技術が採用されている。同社のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)は自動運転車の中枢を担うものであり、メルセデスのみならず、トヨタ、アウディ、ボルボ、テスラなどと業務提携していることでも知られる。

MBUX最大の特長は、AIを活用したこれまでにない音声入力の実現だ。従来のような、一度試すと二度と使いたくなくなる貧弱な言語理解能力ではなく、メルセデスが“自然言語認識”と表現するように、一般的な会話に近いレベルでの操作を実現している。さらにAIが学習を深めることで、より乗員の好みに順応していくという。

新型「メルセデス・ベンツAクラス」から導入される、新しいインフォテインメントシステム「MBUX」。
新型「メルセデス・ベンツAクラス」から導入される、新しいインフォテインメントシステム「MBUX」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事