レクサスLS500h“バージョンL”(前編)

2018.02.22 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はレクサスのフラッグシップサルーン「LS」である。大胆に変身した新型は、谷口のお眼鏡にかなうか? まずはエクステリアとインテリアをじっくり見ていこう。

スタイリングは抜群にいい

「このスタイリング、すっごい好きですよ」
11年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたレクサスLSを目の前にして、谷口信輝は興奮気味に語り始めた。
「フロントマスクもかっこいいし、Cピラーの形もすごく好き。ボディーは旧型よりも長くなりましたが、スタイリングは抜群にいいですね」

レクサス好きの谷口、試乗前にどうやらいろいろと調べてきてくれたようだ。そう、旧型LSには標準ホイールベース車(2970mm)のほかにロングホイールベース車(3090mm)がラインナップされていたが、新型はホイールベースを1種類に統一。ただし、その値は3125mmで旧型のロングホイールベース車よりも長く、全長も25mm伸びて5235mmとなった。谷口が「長くなった」と指摘するのも無理からぬことだ。

また、フラッグシップモデルとあってそのデザインは全身にこだわりが貫かれている。たとえば谷口が“かっこいい”と認めたスピンドルグリルのメッシュ形状は、全体的な流れを作りつつ、ひとつひとつの小さな面を緻密にデザイン。その作業にはCADモデリングが動員されたようだが、計算した面の数は数千にも上ったという。

もうひとつ、谷口も気に入ったCピラーにもこだわりが詰まっている。実はこのCピラー、後方から見ると直線的に下降しているように映るが、やや前方から見ると途中で円弧を描くようにして下降する勾配が変化していることに気づく。これはクーペライクなフォルムを形作るいっぽうで、キャビン後半部分の視覚的な荷重を後輪でぐっと支えているような効果を生み出すのが目的だったそうだ。

そのほかにも、サイドウィンドウをフラッシュサーフェイス化するために特別な支持メカニズムを作り出したりといった具合で、トピックスには事欠かない。

 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
レクサスLS500h“バージョンL”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円
レクサスLS500h“バージョンL”
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大

関連キーワード:
LS, レクサス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
ホームへ戻る