第485回:ディーゼルエンジンは今後どうなる?
フォルクスワーゲンの開発責任者に聞く

2018.02.23 エディターから一言
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI」拡大

ディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」の発表・発売(2018年2月14日)にあわせて、同社のディーゼルエンジン開発責任者が来日した。2015年に排ガス検査の不正問題で大いに世間を騒がせたフォルクスワーゲンのディーゼルは、この先どうなるのか。現状と今後の課題について、話を聞いた。

日本市場におけるディーゼルの「パサート」は、ワゴン(写真)のほかにセダンもラインナップされる。
日本市場におけるディーゼルの「パサート」は、ワゴン(写真)のほかにセダンもラインナップされる。拡大
「パサートTDI」と「パサートヴァリアントTDI」に搭載される、2リッターディーゼルターボエンジン。最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。
「パサートTDI」と「パサートヴァリアントTDI」に搭載される、2リッターディーゼルターボエンジン。最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
今回話をうかがった、エッケハルト・ポット氏。1991年にフォルクスワーゲン グループのエンジン研究部門に入り、2002年からは先進ガソリンエンジン開発部長を務めた。2017年1月、同社の先進ディーゼルエンジン開発部長に就任。
 
今回話をうかがった、エッケハルト・ポット氏。1991年にフォルクスワーゲン グループのエンジン研究部門に入り、2002年からは先進ガソリンエンジン開発部長を務めた。2017年1月、同社の先進ディーゼルエンジン開発部長に就任。
	 拡大

ドイツではディーゼル車が不人気!?

――ドイツでは、「ゴルフ」や「パサート」のディーゼル比率はどのくらいですか?

エッケハルト・ポット氏(以下、ポット):ゴルフの約45%、パサートの約70%がディーゼルエンジン車です。ゴルフは個人のお客さまが多く、一方、パサートはビジネス客が多いのですが、その違いが数字に表れています。いまドイツでは、個人のお客さまの間でディーゼル車のシェアが減っています。ドイツには、一定の環境基準を満たさないと自動車の市街地への進入を規制する「環境ゾーン」があり、この規制がさらに強化されるとディーゼル車の運転ができなくなるのではないかという心配があって、その行方が不透明ということから、個人客が買い控えているという状況なのです。あと数週間で新しい独政府が立ち上がりますが、早期に議論を決着させてほしいものです。

――フォルクスワーゲンには仕様の異なるディーゼルエンジンがありますが、基本的な設計は同じなのですか?

ポット:最新の「EA288」ファミリーのTDIエンジンは、基本的なアーキテクチャーはすべて同じです。排気量が違っていても、シリンダーブロックはほぼ同じなので、1.6リッターと2リッターは、外から見ただけでは区別がつきません。

――ヨーロッパ仕様と日本仕様には違いがあるのですか?

ポット:ハードウエアもセッティングも、ヨーロッパ仕様と日本仕様に違いはありません。日本の規制に適合させるために触媒を変えるといったこともしていません。ですので、もし、日本市場でフォルクスワーゲンのディーゼル車の需要が急激に増えたとしても、それに対して供給を増やすことは難しくないのです。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る