クライスラー販売終了は影響するか?
日本におけるアメ車のこれからを考える

2018.02.23 デイリーコラム

ユーザーにはなびかない

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)ジャパンは2018年2月上旬、クライスラー車の国内販売を終了すると同時に、ジープブランドの新事業計画を発表。ジープ専売店の拡充を目指すと宣言した。

すでに2017年からジープの販売強化は行われており、その結果、2017年の国内累計登録台数は前年比7.6%アップ。初めて1万台の大台にのった。クライスラーの扱いはなくなるとはいえ、日本でも確実に売れているアメ車はあるのだ。

日本でのアメリカ車については、これまで米政府がTPP(環太平洋パートナシップ協定)の非関税障壁の対象として、日米2国間交渉におけるやり玉にあげており、TPP離脱を表明したトランプ政権も日米貿易の不均衡の象徴と考えていると、しばしば報じられている。たしかにアメリカ国内で販売される日本車の数と比較すれば、数百分の1と少ないが、現実的に、ジープのように人気のアメ車は存在する。

では、どうしてジープだけが好調なのか。

それは、“アメ車らしさ”を求める日本のユーザーにとって、ジープの商品戦略が心地良いからだと筆者は考える。FCAは決して、ジープを日本市場にマッチさせるような商品企画を行っていない。FCAが追求しているのは、あくまでもジープらしさの追求である。つまり、そうしたモノづくりやマーケティング戦略に対して共感を持っている日本人がいるということだ。

元来デトロイトスリーは、海外のユーザーに媚(こ)びを売るようなまねはしない。なぜならば、アメ車はアメリカ国内需要向けが本筋であり、常にアメリカンベストを目指した商品だからだ。

輸出は、アメリカンカルチャーに憧れる一部の人たちのための、特別枠という考え方だった。2000年の中盤以降、中国市場の台頭でGMが中国市場を意識した商品を一部投入しているが、GMは北米市場と中国市場をうまく使い分けた商品戦略を展開していることも事実だ。

それに最近は、アメ車がさらにアメ車らしく“メイドインUSA精神”を貫く傾向が強まっている。2018年1月上旬に開催された、北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)では、イレーン・チャオ運輸長官の基調講演を直接聞いたが、自動車メーカー各社がアメリカ国内の生産拠点を拡大する姿勢を示していることについて称賛していた。FCAがメキシコ工場をたたんでミシガン州に新工場を設立することに対してもだ。

日本市場で近年知られたクライスラー車といえば「300」だろう。写真は2016年に発売された、限定車「300Sアロイエディション」。
日本市場で近年知られたクライスラー車といえば「300」だろう。写真は2016年に発売された、限定車「300Sアロイエディション」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300がマイナーチェンジ 2015.10.6 自動車ニュース FCAジャパンが4ドアセダンの「クライスラー300」をマイナーチェンジ。内外装の一部のデザインを変更し、ダイヤル式のシフトセレクターを全車に採用した。装備の強化も図っており、前走車追従機能付きクルーズコントロールや車線逸脱防止機能が標準採用とした。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
ホームへ戻る