クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)

ゆったりでモッサリ 2018.03.01 試乗記 マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。

マツダらしいピープルムーバー

CX-8に初めて乗ったのは、横浜みなとみらいで開かれた新型「アルファード/ヴェルファイア」試乗会のあとだった。たまたま撮影の関係でそういう流れになり、そこまで乗ってきたClubpymeスタッフからステアリングをバトンタッチした。

でも、アルヴェルの直後にCX-8というのは啓示的だ。「プレマシー」と「ビアンテ」の生産を終了したマツダが、ミニバンにとって代わる3列席SUVとして提案するのがCX-8だからだ。未来永劫(えいごう)にわたって「ミニバンやめました」ってことでもないだろうが、サードシートを持つピープルムーバーもこれからはSUVで、というアピールは、運転の楽しさとカッコよさを重んじるマツダらしくはある。

CX-8は、海外向けだったフルサイズSUV「CX-9」の日本版といっていい。2930mmのホイールベースは同寸だが、前後オーバーハングを18cmカットして、全長4900mmとした。長さ4.9mといえば、国産SUVとしては最大級で、「トヨタ・ランドクルーザープラド」(4825mm)よりも本家「ランドクルーザー」(4950mm)に近い。そこに6人/7人乗りの3列シートキャビンを設け、最新型「CX-5」用と同じ2.2リッター4気筒ディーゼルで走らせる。ガソリンモデルはない。

今回試乗したのは、シリーズ最上級の「XD Lパッケージ」の4WD(419万0400円)である。

今回試乗した「マツダCX-8」の最上級グレード「XD Lパッケージ」は、6人乗り仕様限定。ほかのグレードには、6人乗りと7人乗りがラインナップされている。
今回試乗した「マツダCX-8」の最上級グレード「XD Lパッケージ」は、6人乗り仕様限定。ほかのグレードには、6人乗りと7人乗りがラインナップされている。拡大
「クルマとの一体感」を意識してデザインされたコックピットまわり。独立したデザインのセンターディスプレイも特徴的。
「クルマとの一体感」を意識してデザインされたコックピットまわり。独立したデザインのセンターディスプレイも特徴的。拡大
3眼式のメーター。左から順に、エンジン回転計、速度計、そしてフルカラーのインフォメーションディスプレイ。
3眼式のメーター。左から順に、エンジン回転計、速度計、そしてフルカラーのインフォメーションディスプレイ。拡大
「CX-8」のヘッドランプは全車LED式で、4WDのテスト車にはヘッドランプウオッシャーも備わる。
「CX-8」のヘッドランプは全車LED式で、4WDのテスト車にはヘッドランプウオッシャーも備わる。拡大

乗り心地のよさに感心

比較試乗の意図はまったくなかったが、せっかくだからファーストタッチの印象を記すと、CX-8はアルファード/ヴェルファイアよりモッサリしていた。それもそのはず、アルヴェルの新しい3.5リッターV6は301psもある。ミニバンとはいえ、ハイパワーミニバンである。とはいうものの、大型ミニバンから乗り換えてモッサリ感じたのは、ちょっと意外というか、ザンネンだった。

CX-8 XD Lパッケージ4WDの車重は1900kg。“全部のせ”の最上級モデルだから、シリーズ最軽量グレードより110kg重い。同じXD Lパッケージ4WDのCX-5と比べれば、220kgも重くなっている。それでエンジンは同じ。最高出力190ps、最大トルク450Nmのアウトプットは発生回転数なども含めて変わっていない。このほどCX-8用エンジンに換装した最新CX-5にはまだ乗っていないが、175ps/420Nmだった従来型CX-5ディーゼルを思い出しても、力強さやキビキビ感には差がある。非力とは言わないまでも、パワーに余裕はない。

一方、アルヴェルよりよかったのは乗り心地だ。ボディーの剛性感が高い。特にフロアパネルのしっかり感は、大きな箱のミニバンより明らかに上である。長いホイールベースを実感させる足まわりは、どっしりしていてフラットだ。XD Lパッケージは19インチだが、荒れた舗装路でもバタつくことなく、足まわりはしなやかに動く。「CX-3」から始まるマツダSUVの中でも最も上質な乗り心地を提供する。

「CX-8」には、駆動トルクを変化させてコーナリング中の応答性と安定性を高める「G-ベクタリング コントロール」が搭載される。
「CX-8」には、駆動トルクを変化させてコーナリング中の応答性と安定性を高める「G-ベクタリング コントロール」が搭載される。拡大
「CX-8 XD Lパッケージ」の2.2リッターディーゼルターボ。今回試乗した4WD車のJC08モード燃費は17.0km/リッターで、FF車の値は17.6km/リッターとなっている。
「CX-8 XD Lパッケージ」の2.2リッターディーゼルターボ。今回試乗した4WD車のJC08モード燃費は17.0km/リッターで、FF車の値は17.6km/リッターとなっている。拡大
高輝度塗装が施された「XD Lパッケージ」専用の19インチアルミホイール。試乗車は「トーヨー・プロクセスR46」タイヤを装着していた。
高輝度塗装が施された「XD Lパッケージ」専用の19インチアルミホイール。試乗車は「トーヨー・プロクセスR46」タイヤを装着していた。拡大
ディーゼル専用車の「CX-8」。ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」やノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの技術を採用し、走行中の静粛性・快適性が追求されている。
ディーゼル専用車の「CX-8」。ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」やノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの技術を採用し、走行中の静粛性・快適性が追求されている。拡大

2列目以降も快適

XD Lパッケージは6人乗り。2列目席には、最もおもてなし度の高いキャプテンシートが備わる。ひとつ下の「XDプロアクティブ」用は後ろへのウオークスルーが可能だが、こちらは左右席のあいだにコンソールボックスがある。サードシートだけでなく、VIPを乗せられる2列目席が備わるのも、CX-5に対するアドバンテージである。XD Lパッケージ4WDの場合、そのお代は約66万円だ。

キャプテンシートは大きく前後にスライドし、一番後ろにすると、あり余るほどのレッグルームが生まれる。ミニバンのように天井は高くないが、これくらいのほうが空気が重くなくてむしろ落ち着くという人も多いだろう。

サードシートは「緊急用」よりは広い。キャプテンシートを一番後ろに下げてしまうと、大人は座れなくなるが、少し前に出してもらえば、ある程度の長距離でもイケそうだ。このキャプテンシートだと、左右席間が大きく開いているので、見通しも悪くない。2列目以降でも乗り心地がいいのは、CX-8の長所のひとつである。

最上級グレード「XD Lパッケージ」の2列目は、独立型のキャプテンシート。シート間にアームレスト付きのコンソールボックスが備わるため、ウオークスルーは不可となる。
最上級グレード「XD Lパッケージ」の2列目は、独立型のキャプテンシート。シート間にアームレスト付きのコンソールボックスが備わるため、ウオークスルーは不可となる。拡大
2列目シート用のセンターコンソールボックスには、シートヒーターのスイッチやカップホルダー、小物入れが用意される。
2列目シート用のセンターコンソールボックスには、シートヒーターのスイッチやカップホルダー、小物入れが用意される。拡大
3列目シートは定員2人で、50:50の分割可倒式。
3列目シートは定員2人で、50:50の分割可倒式。拡大
3列目シートのヘッドレストは可倒式。写真のように前方に倒すことで、ドライバーの後方視界を広げられる。(写真をクリックすると3列目シート収納時の荷室が見られます)
3列目シートのヘッドレストは可倒式。写真のように前方に倒すことで、ドライバーの後方視界を広げられる。(写真をクリックすると3列目シート収納時の荷室が見られます)拡大

パワーも欲しくなってくる

CX-5と同じく、内装のつくりや雰囲気はドイツのSUVに近い。XD Lパッケージはナッパレザーのシートが標準で、長いキャビンを上等に見せていた。

試乗したのは、強い寒波に見舞われたときだったが、この最上級モデルにはシートヒーターとステアリングヒーターが付いている。このふたつがあれば、寒い朝もほぼ即暖でドライブが始められる。ただ、ステアリングヒーターは筆者の手のひらの皮にはちょっと熱くなりすぎで、手袋をしようかと思った。

約290kmを走り、2.2リッターディーゼルターボの燃費は12.7km/リッターだった。Clubpymeの過去データを見たところ、200kg以上重くなっているわりにCX-5からの落ち込みは大きくない。

だが、大型高級SUVではあっても、特に高性能ではない。ひとことで言うと「ストレッチして3列席を与えたCX-5」なのだが、運転するとCX-5のような力強さやキビキビ感はない。それがボディーを余計大きく感じさせてしまう。ミニバンではないピープルムーバーとしてのSUVはありだと思うが、CX-8を名乗るなら、パワーユニットももう少しストレッチしたほうがよかったのではないか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

今回は、高速道路を中心に約290kmの道のりを走行。燃費は満タン法で12.7km/リッター、車載の燃費計で11.9km/リッターを記録した。
今回は、高速道路を中心に約290kmの道のりを走行。燃費は満タン法で12.7km/リッター、車載の燃費計で11.9km/リッターを記録した。拡大
「CX-8 XD Lパッケージ」のシートは、高級なナッパレザー仕立て。前席(写真)には10Wayの電動調節機構やシートヒーターも備わる。
「CX-8 XD Lパッケージ」のシートは、高級なナッパレザー仕立て。前席(写真)には10Wayの電動調節機構やシートヒーターも備わる。拡大
運転席の前方には、ステアリングホイールのヒーターやハッチゲート、安全装備の操作スイッチが並ぶ。
運転席の前方には、ステアリングホイールのヒーターやハッチゲート、安全装備の操作スイッチが並ぶ。拡大
テスト車のボディーカラー「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は3万2400円のオプション。これを含む全7色がラインナップされている。
テスト車のボディーカラー「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は3万2400円のオプション。これを含む全7色がラインナップされている。拡大

テスト車のデータ

マツダCX-8 XD Lパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4900×1840×1730mm
ホイールベース:2930mm
車重:1900kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:190ps(140kW)/4500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/2000rpm
タイヤ:(前)225/55R19 99V/(後)225/55R19 99V(トーヨー・プロクセスR46)
燃費:17.0km/リッター(JC08モード)
価格:419万0400円/テスト車=437万9400円
オプション装備:ボディーカラー<スノーフレイクホワイトパールマイカ>(3万2400円)/360度ビューモニター+フロントパーキングセンサー<センター/コーナー>(4万3200円)/BOSEサウンドシステム+10スピーカー(8万1000円)/CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー<フルセグ>(3万2400円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:4627km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(9)/山岳路(0)
テスト距離:290.6km
使用燃料:22.9リッター(軽油)
参考燃費:12.7km/リッター(満タン法)/11.9km/リッター(車載燃費計計測値)
 

マツダCX-8 XD Lパッケージ
マツダCX-8 XD Lパッケージ拡大
「CX-8」のトランスミッションは、全車6段AT。シフトレバーの手前に見えるのは、インフォテインメントシステムやパーキングブレーキのスイッチ類。
「CX-8」のトランスミッションは、全車6段AT。シフトレバーの手前に見えるのは、インフォテインメントシステムやパーキングブレーキのスイッチ類。拡大
ステアリングホイールのスポーク部には、クルーズコントロールやオーディオの操作スイッチが並ぶ。
ステアリングホイールのスポーク部には、クルーズコントロールやオーディオの操作スイッチが並ぶ。拡大
荷室の容量は標準で239リッター。3列目と2列目のシートの背もたれを前方に倒すことで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は標準で239リッター。3列目と2列目のシートの背もたれを前方に倒すことで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
www.best-cooler.reviews

заказать дизайн проект

www.fiat.niko.ua