第79回:日本の国民車はなぜダサイ

2018.02.27 カーマニア人間国宝への道

スイフトスポーツ最高!

いま日本で売られているクルマで、一番いいクルマはどれか!?

そう問われて即答できるカーマニアは、多くはないだろう。

そもそもいいクルマとは何か。価格をどう考えるか。カーマニア的にも大変な難題だ。

が、実際いいクルマに乗ると、そういった小難しいことは吹っ飛んで、「これはイイ! めちゃめちゃイイ!」と直感してしまう。恋のようなものである。

実は先日、久しぶりにそういうクルマに出会った。

スズキの「スイフトスポーツ」だ。

何がいいかを説明するのももどかしいのだが、サイズよし、デザインよし、居住性よし、インテリアよし。

このあたりはあくまで「よし」、つまり合格ライン超えで、突出ではない。

すばらしいのは走りだ。軽量な割にとてもしっかりしたボディー。スポーティーながらガチガチではない足。そしてトルクフルでパワフルでレスポンスもよく、なにもかもがしっくりくる1.4リッターターボエンジンと、扱いやすくて操作が楽しい6段MT。燃費も適度によく、現代のクルマに必須な安全装置もしっかり付いている。

新型スイスポが出たのは昨年の9月。もうずいぶん前なのだが、年が明けるまで乗る機会がなく、先日初めて乗って衝撃を受けた次第である。

その時の試乗は6段MTのみだったが、スイスポにはトルコンの6段ATもある。CVTでもAGSでもなく、トルコンだ。

筆者のイチオシは新型「スズキ・スイフトスポーツ」。車両価格は183万6000円(6MT)。
筆者のイチオシは新型「スズキ・スイフトスポーツ」。車両価格は183万6000円(6MT)。拡大
「スイフトスポーツ」の1.4リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力140ps、最大トルク230Nmを発生し、JC08モード燃費は、16.4km/リッター(6MT)。
「スイフトスポーツ」の1.4リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力140ps、最大トルク230Nmを発生し、JC08モード燃費は、16.4km/リッター(6MT)。拡大
「スイフトスポーツ」のインテリア。本革巻きステアリングホイールには表皮にディンプル加工を施すことで、グリップ性を高めている。
「スイフトスポーツ」のインテリア。本革巻きステアリングホイールには表皮にディンプル加工を施すことで、グリップ性を高めている。拡大
「スイフトスポーツ」のリアビュー。従来モデルより70kgの軽量化を実現。車両重量はMT仕様で970kg、AT仕様で990kg。
「スイフトスポーツ」のリアビュー。従来モデルより70kgの軽量化を実現。車両重量はMT仕様で970kg、AT仕様で990kg。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る