第23回:車検だヨ! 全員集合(後編)

2018.02.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
なんやかんやで、無事に車検をクリアした「ダッジ・バイパー」。もう少し波乱含みの展開を予想していたのだが……。
なんやかんやで、無事に車検をクリアした「ダッジ・バイパー」。もう少し波乱含みの展開を予想していたのだが……。拡大

2年に1度の恒例行事であると同時に、一部のオーナーにとってはカーライフ最大の鬼門でもある「車検」。中古並行・改造歴有りなClubpymeほったの「ダッジ・バイパー」は、無事にもろもろの検査をパスすることができたのか? 飛び去っていった諭吉の枚数とともに、赤裸々にリポートする。

昨年(2017年)末に見た岩合光昭氏の写真展のご利益か。2月に入ってからも記者の周辺では“猫ラッシュ”が止まらない。こちらは千葉・木更津にロケに行った際に見えた黒猫。……このふてぶてしい感じ、バイパーに似てる。
昨年(2017年)末に見た岩合光昭氏の写真展のご利益か。2月に入ってからも記者の周辺では“猫ラッシュ”が止まらない。こちらは千葉・木更津にロケに行った際に見えた黒猫。……このふてぶてしい感じ、バイパーに似てる。拡大
こちらは茶トラの3兄弟。柄は違うが、もう1匹仲良さそうにしていた猫がいたので、ひょっとしたら4兄弟だったのかもしれない。
こちらは茶トラの3兄弟。柄は違うが、もう1匹仲良さそうにしていた猫がいたので、ひょっとしたら4兄弟だったのかもしれない。拡大
堀田家が管理する平置きの駐車場に鎮座する「フォードF-150ラプター」。冷静に考えたら、今回のバイパー引き取りにまつわる苦労は、だいたいコイツのせいである。
堀田家が管理する平置きの駐車場に鎮座する「フォードF-150ラプター」。冷静に考えたら、今回のバイパー引き取りにまつわる苦労は、だいたいコイツのせいである。拡大
車検祝い(?)に東京・横浜を軽くドライブ。車検後のクルマって、各部がシャキっとしていて、運転していて気持ちよくないですか?
車検祝い(?)に東京・横浜を軽くドライブ。車検後のクルマって、各部がシャキっとしていて、運転していて気持ちよくないですか?拡大

予想外のスケジュールに大混乱

基本的には不定期で、時にはひと月以上も間が開いてしまう本連載である。「次はまだなの?」「すわ打ち切りか?」と毎度のごとくハラハラしている御仁(そんな人いるのか? いてほしいな)におかれては驚いたことだろう。2月は一年のなかで最も短い月だというのに、なんと2度も更新してしまった。ぶっちゃけ記者も驚いた。予想外のことだった。

なんでこんなことになったかというと、わがバイパーが予想以上に早く、車検から帰ってきたからである。前回……あの「ドロ泥の香りがプンプンするぜ」と締めくくった第22回が一般公開されたまさにその日に、相模原のコレクションズさんから「車検通りましたヨ」と連絡が入ったのだ。その時の記者の心持ちを想像してみてほしい。なんという気まずさ。なんという間の悪さ。まったくもって、お店に顔を出しづらい。

さらに言うと、記者にはこのとき、お店に顔を出しづらいもうひとつの理由があった。引き取り予定日の2月10日は、千葉県は市川の実家で過ごすことになっていたのだ。というのも、編集部で借りていた撮影車両の「フォードF-150ラプター」が、あまりにデカすぎてビルの駐車場に止められないことが判明(先に気付けよ)。急きょわが家が管理する、平置きの駐車場で保管することとなったのだ。

この結果、本来なら片道小1時間で済むはずだったバイパー引き取りの道のりは、市川→(徒歩と電車で2時間)→武蔵野→(代車で1時間)→相模原と、実に3時間に膨れ上がることとなった。往復で都合6時間の小旅行である。往路で武蔵野に寄らなきゃ多少は短縮できただろうが、このときはくしくも代車を借りていたので、それもかなわず。入庫時に迷惑をかけているから(前回参照)日程を変更するのも心苦しい……と、もろもろの不都合が見事に積み重なり、とんでもなく面倒くさいことになっていた。

ああ神様仏様、もしもホントにおはすなら、貴様らゼッタイ俺の敵だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事