第486回:スバル車はなぜスキーヤーに愛される?
雪上イベント「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」の様子をリポート

2018.02.28 エディターから一言
スバルの雪上イベント「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」は、2018年2月17日、18日と2日間にわたって開催された。参加者の楽しげな様子が印象的だった。
スバルの雪上イベント「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」は、2018年2月17日、18日と2日間にわたって開催された。参加者の楽しげな様子が印象的だった。拡大

スバルの雪上イベント「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」が、2018年2月17日と18日の2日間、新潟県の苗場スキー場にて開催された。今年で5周年を迎えた「SUBARUゲレンデタクシー」ツアーのフィナーレを飾るイベントの様子をリポートする。取材を通じてリポーターが学んだ、積雪地帯にクルマで挑む際の“鉄則”とは!?

取材の足としてチョイスしたのは、「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」。車内では広瀬香美を楽しみつつ、苗場へと向かった。
取材の足としてチョイスしたのは、「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」。車内では広瀬香美を楽しみつつ、苗場へと向かった。拡大
「エクシーガ クロスオーバー7」の足元には、ブリヂストンの最新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX2」が装着されていた。安比高原でもお世話になった、頼りになるタイヤだ。
「エクシーガ クロスオーバー7」の足元には、ブリヂストンの最新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX2」が装着されていた。安比高原でもお世話になった、頼りになるタイヤだ。拡大
会場に並べられた“ゲレタク”のラインナップ。スキー板やスノーボードはルーフキャリアに積み込む。
会場に並べられた“ゲレタク”のラインナップ。スキー板やスノーボードはルーフキャリアに積み込む。拡大

エクシーガ クロスオーバー7で苗場へ

今季は2017年12月の北海道・サッポロテイネを皮切りに、岩手県の安比高原スキー場、長野県の栂池高原スキー場、そして今回の苗場と、過去最大となる4カ所で開催されたSUBARUゲレンデタクシー(通称:ゲレタク)。筆者は安比高原などにも足を運んだのだが、実は最終回の苗場が最もコンテンツが充実しているのだ。というわけで、道中のスノードライブを楽しみながら、取材に向かった。

今回の旅の相棒は、2018年2月で受注が終了した「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」だ。元々はスバルの7シーターミニバンとして、2008年6月に登場した「エクシーガ」だったが、2015年4月、突如クロスオーバーへと転身。専用サスペンションの採用や内外装の変更といった、スバル車らしい作り込みがなされており、ラインナップ唯一の3列シート車として、第2の人生を全うした。クルマとしては1世代前のものなので、アイサイトもver.2にとどまるが、全車速対応アダプティブクルーズコントロールを備えているので、スキー場までの高速ドライブには心強い味方となる。せっかくなので車内のBGMには、冬ソングの女王、広瀬香美をセレクト! ゲレンデに向かうスキーヤー気分を楽しんだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事