実は日本発祥の技術!?
3Dプリンターにやどる無限(?)の可能性

2018.02.28 デイリーコラム

部品の生産が打ち切られるのは仕方ない?

ポルシェがクラシックモデル向けにパーツを供給する手段として、3Dプリンターを活用するというニュースがあった。まず9つのパーツが製造され、さらに20の部品についても製造が検証中だという。現在供給されるクラシックパーツは約5万2000点(!)なので、これはほんの一部にしか過ぎない。しかし、今回の製造部品の中には「ポルシェ959」という超希少車の欠品パーツも含まれるから、クラシックポルシェのユーザーにとっては朗報といえるだろう。

一般的に、自動車メーカーのパーツ供給の“期限”は10年前後と言われており、当然、それを過ぎれば多くの部品が入手困難という現実に直面する。メーカー側にとって、旧型車の部品供給にともなう負担は想像するよりも大きい。かかる費用はパーツそのものの管理費だけではなく、製造に必要となる金型の保守など、供給体制の維持コストも決してばかにならないのだ。増え続ける新型車の部品管理だけでも大変だというのに、年々ニーズが減る旧型車のパーツにまでコストを回せないというのが実情だろう。

また、旧型車の部品には時代に応じてさまざまな材料や素材が用いられていることから、素材の側の製造終了により供給が打ち切られる例もある。つまり、部品がいずれなくなるのは必然なのである。そんな現状の中、欠品パーツの新たな生産方法として3Dプリンターが注目されているわけだ。

「ポルシェ911スピードスター」のバックミラーベース。
「ポルシェ911スピードスター」のバックミラーベース。拡大
「ポルシェ964」のクランクアーム。
「ポルシェ964」のクランクアーム。拡大
「ポルシェ356B/356C」のエキゾーストに使用される、熱交換器のブラケット。
「ポルシェ356B/356C」のエキゾーストに使用される、熱交換器のブラケット。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事