クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハXSR700(6MT/MR)

激戦の予感 2018.03.03 試乗記 人気モデル「MT-07」の基本設計とネオレトロなデザインを組み合わせたヤマハのネイキッドモデル「XSR700」。強力なライバルの登場により、今後ますます注目を集めると予想される2気筒・700ccクラスを勝ち抜くことはできるのか?

最大の魅力は走りにある

XSR700は、軽量で乗りやすいMT-07のエンジン、車体、サスペンションを使用して、ネオレトロなイメージを持たせたマシンである。最大の魅力は、MT-07同様、軽量な車体とトルクフルなエンジンが生み出すその走り。走りだした瞬間にライダーを夢中にさせてしまう。

素晴らしいのはそのエンジンフィーリングだ。270度クランクのツインエンジンは小気味よい鼓動感はあるけれど、振動はほとんどない。非常に軽やかに吹け上がっていく。それでいて低回転からトルクが太く、3000rpm付近からスロットルを大きめに開けて勢いよく加速しようとするとフロントタイヤが路面から離れてしまう。けれど慌てることはない。スロットルを開けた瞬間のレスポンスは柔らかく、そこから右手の動き一つで自由自在にパワーを引き出すことができる。

高回転まで引っ張ればレブリミットまで気持ち良く伸びていく。リッターバイクのような超絶な加速はしないけれど、最近はやりのマネジメントシステムやトラクションコントロールなどは介入せず、純粋にライダーの操作でパワーを使い切るのは気持ちいい。

もう一つ気に入ったのは、のんびり走っていてもせかされる感じがしないこと。中速での鼓動感や力強さがあるから、スポーティーな性格であるにも関わらず、車の流れに乗って走っているだけでも十分に楽しめてしまう。

軽量なボディーと粘り強いトルク特性のエンジンにより、普段使いで感じられる気持ちのいい走りが追求された「XSR700」。2017年11月に発売されたヤマハのニューモデルである。
軽量なボディーと粘り強いトルク特性のエンジンにより、普段使いで感じられる気持ちのいい走りが追求された「XSR700」。2017年11月に発売されたヤマハのニューモデルである。拡大
688ccの直列2気筒エンジンについては、デイリーユースで使用頻度の高い、3000~6500rpmの回転域で大きなトルクを発生させることを重視。わずらわしいシフトダウンを必要としない操作性と、常用域での爽快な加速を実現している。
688ccの直列2気筒エンジンについては、デイリーユースで使用頻度の高い、3000~6500rpmの回転域で大きなトルクを発生させることを重視。わずらわしいシフトダウンを必要としない操作性と、常用域での爽快な加速を実現している。拡大
デジタルメーターなど、各所にモダンな技術を取り入れつつ、クラシカルなデザインでまとめられた「XSR700」。タイヤにも、レトロなルックスと正確なハンドリングの両立をうたう「ピレリ・ファントムスポーツコンプ」が採用されている。
デジタルメーターなど、各所にモダンな技術を取り入れつつ、クラシカルなデザインでまとめられた「XSR700」。タイヤにも、レトロなルックスと正確なハンドリングの両立をうたう「ピレリ・ファントムスポーツコンプ」が採用されている。拡大
デザインについてはバイクならではの素材感も重視。タンクサイドカバーやヘッドランプステー、ラジエーターサイドカバー、フロントフェンダーステー、ハンドルなどはいずれもアルミ製だ。
デザインについてはバイクならではの素材感も重視。タンクサイドカバーやヘッドランプステー、ラジエーターサイドカバー、フロントフェンダーステー、ハンドルなどはいずれもアルミ製だ。拡大
色はレッドとグレーの2色。前者はシルバーのラインが入ったタンクサイドカバーが、後者は職人が手作業でバフがけしたタンクカバーが特徴となっている。
色はレッドとグレーの2色。前者はシルバーのラインが入ったタンクサイドカバーが、後者は職人が手作業でバフがけしたタンクカバーが特徴となっている。拡大
3種類のレザーを使い分け、ステッチの色までこだわったというシート。シート高は基本設計を同じくする「MT-07」より30mm高い、835mmとなっている。
3種類のレザーを使い分け、ステッチの色までこだわったというシート。シート高は基本設計を同じくする「MT-07」より30mm高い、835mmとなっている。拡大
ヘッドランプやメーター、テールランプ、そしてマフラーと、各所に用いられた丸い意匠も「XSR700」の特徴。シンプルでオーセンティックなイメージが大事にされている。
ヘッドランプやメーター、テールランプ、そしてマフラーと、各所に用いられた丸い意匠も「XSR700」の特徴。シンプルでオーセンティックなイメージが大事にされている。拡大

ライバルとの戦いに打ち勝てるか

ハンドリングもニュートラル。反応が過敏すぎず街を走るのにちょうどいい。400cc並みの軽量な車体もあって、マシンが自由自在に動く感じだ。バイクはライダーのメンタルに大きく左右される。オッカナビックリになってしまったら楽しくもないし本来の性能も引き出せない。その点、XSR700は、多くのライダーがバイクを操る楽しさを知ることができる特性だ。個人的にはバンクさせるとステアリングが切れていってしまう感じがするのは気になるが。

全体的に見て、とても完成されたマシンである。どんな走り方をしてもそれなりにライダーを楽しませてくれる。動力性能ではなく、感性に訴えかけてくる性能が磨かれている。そこがとても素晴らしい。ただしこのくらいの排気量のマシンは、性能的にもサイズ的にもきれいにまとめやすい。だからライバルも同じように魅力的なものが多い。

MT-07の場合は、この走りが71万0640円で手に入れられた。250ccクラスで最も高額な「ホンダCBR250RR」より5~10万円ほど安いというコスパもあって、爆発的な人気になった。XSR700の場合は、車両価格が89万9640円とずいぶん高くなった。もちろん質感の高い外装は相応の価値があるのだけれど、このクラスでは「スズキSV650X」なんていう強力なライバルも登場しており、しかもあちらは価格も低く抑えられている。

もう少しすると、KTMからもこのクラスに新しいツインが投入される。こちらも相当に気合が入っている様子だ。XSR700はとても魅力的なバイクで、大激戦区になりつつあるこのクラスでも人気が出ることは間違いないだろう。けれど、独走できるところまでにはなっていないかもしれない。

(文=後藤 武/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

 
ヤマハXSR700(6MT/MR)【レビュー】の画像拡大
 
ヤマハXSR700(6MT/MR)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2075×820×1130mm
ホイールベース:1405mm
シート高:835mm
重量:186kg
エンジン:688cc 水冷4ストローク直列2気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:73ps(54kW)/9000rpm
最大トルク:68Nm(6.9kgm)/6500rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:38.4km/リッター(国土交通省届出値 定地燃費値)/23.9km/リッター(WLTCモード)
価格:89万9640円

注目の記事PR
  • 低燃費と高出力を両立する陰の立役者。新世代エンジンに対応したオイルMobil 1の魅力とは!?
    低燃費と高出力を両立する陰の立役者。新世代エンジンに対応したオイルMobil 1の魅力とは!? 特集
  • 限定モデル「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ」の走りを試す。
    限定モデル「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ」の走りを試す。 特集
  • 麗しのタクシードライバー生田佳那が、グッドイヤーの新しいオールシーズンタイヤを試す。
    麗しのタクシードライバー生田佳那が、グッドイヤーの新しいオールシーズンタイヤを試す。 特集
  • 「開発者のすごさがわかる」 谷口信輝にそこまで言わせる新型「メガーヌR.S.」の走りとは?
    「開発者のすごさがわかる」 谷口信輝にそこまで言わせる新型「メガーヌR.S.」の走りとは? 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
Мастерон

oncesearch.com/search/Supernatural

В интеренете нашел популярный блог , он рассказывает про одежда для йоги https://start-sport.com.ua/sport/joga/odezhda-dlja-jogi

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。