第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!
輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~

2018.03.02 JAIA輸入車試乗会2018
ジープ・コンパス ロンジチュード
ジープ・コンパス ロンジチュード拡大

魅力いろいろ、クルマもいろいろ。JAIA輸入車試乗会より、グローバルSUVの「ジープ・コンパス」やマッスルカーの「シボレー・カマロ」、大型SUVの「キャデラック・エスカレード」に電気自動車「テスラ・モデルX」と、個性豊かなアメリカ車の魅力を紹介!

 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大
 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大
 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大
 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大
 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大
 
第3回:バラエティー豊かなモデルが集結!輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ編~の画像拡大

週末くらいは力を抜こう
ジープ・コンパス ロンジチュード……351万円

次のファミリーカーはSUV。
そうお考えなら、ジープ・コンパスという選択肢も。全長4.4×全幅1.8×全高1.6mと、日常使いにちょうどいいサイズだし、燃料がレギュラーガソリンであるのもうれしい。7スロットグリルや台形のフェンダーアーチなど、ジープ伝統のモチーフをまといながらも、ゴツさは控えめ。ワイルドなのに癒やし系という言葉がぴったりくる、都会派SUVだ。

試乗したのは、ブラックペイントルーフを備えた中間グレードの「ロンジチュード」。
運転してみると、思いのほか懐かしい味付けであることに驚く。2.4リッター直4のマルチエアエンジンと6段ATを組み合わせ、息切れせずによく走るものの、車内にはエンジン音が響き、道路の継ぎ目では、突き上げも感じるなど、ラフなところが目立つ。しなやかでキビキビとした足まわりが特徴のドイツ勢のそれとは、明らかに性格が違っている。

ただ、この肩の力を抜いた走りは、悪くない。アスリートのような走りに力を入れるSUVが増えていく中、むしろ貴重な存在に思えてくる。「細かいことなんて気にするな」。そう言われているようだ。

2017年のFCAジャパンの販売台数は、約2万2000台と過去最高を記録したが、そのうち1万台はジープブランドが占めている。「ラングラー」や「レネゲード」「グランドチェロキー」が過去最高を達成し、2代目となる新型コンパスも好調だという。
FCA傘下になり、製品の精度が上がったりして買いやすくなったといった理由はあるかもしれないが、本来SUVが持つおおらかな走りというものにも、根強い人気があるんでしょう。

弟分のレネゲードも軽快で遊び心もある楽しいクルマに仕上がっているけれど、ファミリーで乗るなら、もう少し広さが欲しいところ。その点、コンパスなら荷室も広く、使い勝手もいい。なにより、気負わず自然体で乗れるところがいい。休日にピリピリモード、は似合わないしね!

(文=スーザン史子/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
ホームへ戻る