第80回:スイスポ国民車構想

2018.03.06 カーマニア人間国宝への道

国民車なら断然AT

「スイフトスポーツ」の6段MT車に試乗し、「これは国民車になれる!」と叫んだ私だったが、考えてみたらいま日本では、新車販売台数の98.4%がAT車だ(2016年)。

つまり、6段MT車に乗って、「これを国民車に!」と叫ぶのは、「国民全員にフェラーリを!」と叫ぶのと同じで、ウケ狙いにしかならない。

しかしスイスポには6段AT車もある。ソレなら国民の98.4%がカバー可能! 6段MT車と合わせて100%になる。国民車の誕生だ! うおおおおおおおおお!

しかし私はまだスイスポの6段AT車に乗っていなかった。興奮する前に乗ってみなければイカン。ということで、スズキ広報様に試乗をお願いした。

うおおおおお! ひょっとして6段MT車よりいいやんけ!

この「いいやんけ」は、「ラクで楽しいやんけ」という意味で、カーマニア的には言うまでもなくMT一択なのだが、齢(よわい)五十六ともなると、ついラクで楽しい方を選択したくなる。

個人的には、他に「フェラーリ328GTS」というMT車を所有しているので、それを月に一度転がせば、MT車欲は十分満たされる。もう決して「毎日MT車に乗りたい!」とか、「毎日クラッチ踏んでギアをガチャガチャやらなきゃ禁断症状で死ぬ!」みたいなことはない。すでにMT車は死ぬほど乗ったので、MT車の赤い玉が出てるってことですかね。

筆者のイチオシは「スイフトスポーツ」。(写真=池之平昌信)
筆者のイチオシは「スイフトスポーツ」。(写真=池之平昌信)拡大
「スイフトスポーツ」のインテリア。
「スイフトスポーツ」のインテリア。拡大
筆者の愛車“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
ホームへ戻る