錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売

2018.03.01 自動車ニュース
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」
「ジャガーFペースKEI NISHIKORI EDITION」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年3月1日、ジャガーブランドのSUV「Fペース」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、50台の台数限定で受注を開始した。

 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大
 
錦織 圭選手とコラボした「ジャガーFペース」限定発売の画像拡大

今回のFペースKEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とのコラボレーションによる特別仕様車であり、過去に設定された「Fタイプ」「XE」「XF」のKEI NISHIKORI EDITIONに続く、第4弾となる。

ベース車両は、最高出力250ps、最大トルク365Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「Rスポーツ」。ホイールやグリル、サイドのパワーベントまで黒で統一した「ナルヴィクブラック」のエクステリアや、ブラックとレッドで仕立てたグレインレザーのスポーツシートを備えるインテリアを特徴とする。

さらに、錦織選手のネーム入りバッジが装着されるほか、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニター、リバーストラフィックディテクション、通信機能を持ったインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」なども装備される。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックパック(グロスブラックラジエーターグリル、グロスブラックサラウンド、ボディー同色ドアクラッディング<グロスブラックフィニッシャー>、グロスブラックサイドパワーベント<「R-SPORT」バッジ付き>)
  • 特別仕様車限定バッジ
  • 19インチ「スタイル5037」アロイホイール(5スポーク、グロスブラックフィニッシュ)
  • グロスブラックルーフレール
  • ピメント/エボニーグレインレザースポーツシート
  • リア電動リクライニングシート
  • ラックステックインストゥルメントトッパー
  • リモートリアシートリリース
  • エボニーヘッドライニングカラー
  • 電動調整ステアリングコラム
  • ステアリングホイールヒーター
  • インテリアムードライト
  • コネクティビティー(プロテクト、コネクトプロパック)
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション
  • タイヤリペアシステム

価格はベースモデルより62万円高の799万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • 「ジャガーXJ」の2019年モデル登場 2018.9.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月21日、「ジャガーXJ」の2019年モデルを発表し、同日、受注を開始した。全車に自動緊急ブレーキを標準装備としたほか、XJの誕生50周年を記念したグレードと特別仕様車を設定した。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • 三菱、ピックアップトラック「トライトン」の新型発表を予告
    2018.10.15 自動車ニュース 三菱自動車は2018年10月15日、1tピックアップトラックの新型「トライトン」および「L200」を、同年11月9日に初公開すると発表した。初代モデル以来の開発思想「Engineered Beyond Tough」に基づき、真のタフさを追求したという。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
ホームへ戻る