ブッ飛び性能の「フェラーリ488ピスタ」
新たな“跳ね馬”を通はこう見る

2018.03.02 デイリーコラム

このルックスは本気だ!

「フェラーリ488ピスタ」。言うまでもなく、「フェラーリ488GTB」のスペシャルモデルである。つまり「360チャレンジ ストラダーレ」や「430スクーデリア」、「458スペチアーレ」の後継モデルというわけだ。

私はまだ写真を目にしただけだが、なんとも凄(すさ)まじいルックスだ。何より目を引くのは、エアダムから取り入れたクーリングエアを猛烈な勢いで斜め上に向けて排出すべく、大きくえぐられまくったフロントフードの形状ではなかろうか? これほど大げさというか本気というか、「マジかよ!?」と叫びたいほどの造形は、同系統の他モデルには見られない。フェラーリは本当の本気なのだろう。その他どの部分を眺めても、このクルマがほぼレーシングカーであることがわかる。

このルックス、悪くない。悪くないなんて言葉、自動車界の頂点に君臨するフェラーリさまに対してウルトラ失礼な言い草だが、私は488GTBのルックスは「458イタリア」の改悪版だと確信しているので、488ピスタのウルトラレーシィな造形は、その失敗を覆い隠す迫力を持っていて悪くない。そういうことなのだ。ここまでやっちゃえば細かいアラは見えなくなるじゃないですか!

488GTBは、ルックスだけでなく、エンジンの快感に関しても、458イタリアより大幅に劣る。なにしろターボに転換してしまったのだから。高回転高出力型自然吸気V8の突き抜けるような快感を至上の快楽と考えるフェラーリの求道者としては、「スピリットを捨てて効率を選んだ」と指弾したくなるのも仕方なかろう。

もちろん、フェラーリ側の言い分も理解できる。確かに488GTBの3.9リッターV8ツインターボは、まるで自然吸気のような回転フィーリングを実現してはいる。しかしなにしろサウンドが1オクターブ低い。「フェラーリエンジンはパワーより何より、いい音がしてナンボ」と考える自分としては、これは致命的だ。ランボルギーニや「アウディR8」が自然吸気で踏みとどまっているのに、嗚呼(ああ)フェラーリさまが! と天を仰ぎたい。

が、ひょっとして488ピスタのエンジンは、かなり気持ちいいのかもしれない。

フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。
フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.6 試乗記 2018年11月にロサンゼルスモーターショーでデビューした8代目「ポルシェ911(タイプ992)」に、スペイン・バレンシアで初試乗。新型911のベースモデルともいうべき「カレラS」と「カレラ4S」のステアリングを握れば、タイプ992の実力とポルシェの狙いがきっと見えてくるはずだ。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
  • 「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場 2019.1.17 自動車ニュース マクラーレンの高性能モデル「600LT」に、オープントップの「スパイダー」が登場。オープン化や電動ハードトップの採用にともなう重量増を50kgに抑えており、0-100km/h加速が2.9秒、オープントップ時の最高速が315km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る