アルピーヌ・ジャポン、「A110」の情報を6月に公開

2018.03.01 自動車ニュース

アルピーヌ・ジャポンは2018年3月1日、「アルピーヌA110」の商品および販売に関する情報を、同年6月を目途に案内すると発表した。

アルピーヌA110は、ルノー傘下のスポーツカーブランド、アルピーヌからリリースされたミドシップのコンパクトスポーツカーである。2017年のジュネーブショーで世界初公開され、欧州ではすでに1955台の限定モデル「A110プルミエールエディシオン」より販売が開始されているが、右ハンドルとなる日本と英国については、2018年の導入予定がアナウンスされたのみだった。

日本でのセールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務についてはルノー・ジャポンが行うこととなっており、2017年10月にはこれらの業務を行うためのビジネスユニット、アルピーヌ・ジャポンが設立されている。この際、2018年初めには商品と販売に関する情報を発表するとアナウンスしていたが、実際の発表はまだ少し先になりそうだ。

(Clubpyme)

「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
ホームへ戻る