アルピーヌ・ジャポン、「A110」の情報を6月に公開

2018.03.01 自動車ニュース

アルピーヌ・ジャポンは2018年3月1日、「アルピーヌA110」の商品および販売に関する情報を、同年6月を目途に案内すると発表した。

アルピーヌA110は、ルノー傘下のスポーツカーブランド、アルピーヌからリリースされたミドシップのコンパクトスポーツカーである。2017年のジュネーブショーで世界初公開され、欧州ではすでに1955台の限定モデル「A110プルミエールエディシオン」より販売が開始されているが、右ハンドルとなる日本と英国については、2018年の導入予定がアナウンスされたのみだった。

日本でのセールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務についてはルノー・ジャポンが行うこととなっており、2017年10月にはこれらの業務を行うためのビジネスユニット、アルピーヌ・ジャポンが設立されている。この際、2018年初めには商品と販売に関する情報を発表するとアナウンスしていたが、実際の発表はまだ少し先になりそうだ。

(Clubpyme)

「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 第8回:アルピーヌA110(後編) 2018.10.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 「アルピーヌA110」のデザインについて、その弱点を指摘しつつ、同時に「欲しくなった」とも語った明照寺氏。その理由はどこにあるのか? 現役の自動車デザイナーが個人的な欲望を刺激されるクルマとは、どのようなものなのか?
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
ホームへ戻る