第19回:中島飛行機の栄光
日本自動車産業の礎となった技術者集団

2018.03.08 自動車ヒストリー あまたの優秀なエンジニアを育て、後の日本の自動車産業に多大な影響を与えたとされる中島飛行機。敗戦によって姿を消した東洋最大の航空機メーカーは、いかにして今日に血脈をつないだのか。スバル、プリンス誕生の経緯とともに振り返る。

戦略爆撃の第1目標となった武蔵製作所

1944年11月24日、マリアナ諸島を飛び立ったアメリカ軍のB29部隊は、ターゲットナンバー90.17-357を目指した。東京都北多摩郡武蔵野町にあった中島飛行機武蔵製作所である。半年ほど前にアメリカ軍はサイパン島を陥落させ、日本を爆撃する基地を築いていた。東京はB29の航続距離の中に収まることになり、それ以降激しい空襲が続くことになる。武蔵製作所は1945年8月8日まで計9回にわたって爆撃され、壊滅的打撃を受けた。爆撃機数は延べ505機に及び、投下された爆弾は2602.5tというすさまじさだった。

中島飛行機が戦略爆撃の目標となったのは、日本の戦力を奪うのに最も効果的だったからだ。第2次世界大戦では、航空機による戦闘の重要性が飛躍的に高まった。制空権を得た側が圧倒的に有利に戦いを進めることができたので、優れた性能を持つ航空機を持つことが不可欠となる。武蔵製作所は戦闘機や爆撃機のエンジンと機体の組み立てを担っており、その生産能力を奪ってしまえば日本の戦力が大幅にダウンすると見込まれていた。日本で1927年から1945年までに生産された3万0578機の戦闘機のうち、半数以上の1万6763機が中島飛行機で作られている。アメリカ軍が爆撃の第1目標にしたのは当然だった。

戦争の時代に生まれて兵器となる航空機を生産したが、中島飛行機がその中で培った技術力は、戦後に平和な産業で大きく花開くことになる。1953年に誕生した富士重工業(2017年にSUBARUに商号変更)は、中島飛行機が離合集散を重ねた末にたどり着いた姿だ。同社の業績は戦後の日本自動車史の中で重要な位置を占め、また水平対向エンジンと四輪駆動を組み合わせたユニークなパワートレインによって世界に知られる存在ともなっている。

プリンス自動車も、中島飛行機の技術者たちが多く参加して誕生した会社である。単独で存在した期間は短かったが、高い技術力によって革新的な名車を生み出した。1957年にデビューした「スカイライン」はその筆頭である。スバルもプリンスも、中島飛行機の哲学を継承してクルマ作りに魂を吹き込んだ。優秀な人材を育てた東洋最大の航空機メーカーの物語は、1人の先覚者の苦闘から始まった。

現在の東京都武蔵野市八幡町から緑町にかけての地域に存在した中島飛行機武蔵野製作所。約5万人の従業員が働いていたという敷地面積56万平方メートルの工場跡地は、今日では公園や集合住宅、高齢者総合センターなどに使われており、また周辺には、工場から延びる鉄道跡を利用した遊歩道も整理されている。
現在の東京都武蔵野市八幡町から緑町にかけての地域に存在した中島飛行機武蔵野製作所。約5万人の従業員が働いていたという敷地面積56万平方メートルの工場跡地は、今日では公園や集合住宅、高齢者総合センターなどに使われており、また周辺には、工場から延びる鉄道跡を利用した遊歩道も整理されている。拡大
1917年に設立された、飛行機研究所を起源とする中島飛行機。三菱や川西、川崎を超える、東洋最大の航空機メーカーだった。
1917年に設立された、飛行機研究所を起源とする中島飛行機。三菱や川西、川崎を超える、東洋最大の航空機メーカーだった。拡大
水平対向エンジンを核とした、左右対称の構造が特徴の「シンメトリカルAWD」。長年にわたり受け継がれてきたスバルの独自技術であり、同社製4WD車の特徴となっている。
水平対向エンジンを核とした、左右対称の構造が特徴の「シンメトリカルAWD」。長年にわたり受け継がれてきたスバルの独自技術であり、同社製4WD車の特徴となっている。拡大
1957年に登場した「プリンス・スカイライン」。セミモノコックのボディーにド・ディオンアクスル式のリアサスペンション、60psの1.5リッターエンジンなど、当時としては非常に先進的なモデルだった。
1957年に登場した「プリンス・スカイライン」。セミモノコックのボディーにド・ディオンアクスル式のリアサスペンション、60psの1.5リッターエンジンなど、当時としては非常に先進的なモデルだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事