第487回:雪上のホンダイズムを体感する!
鷹栖コースで3種の4WDシステムを乗り比べ

2018.03.08 エディターから一言
「N-BOX」から「レジェンド」まで、すらりと並んだホンダの4WDモデル。
「N-BOX」から「レジェンド」まで、すらりと並んだホンダの4WDモデル。拡大

高効率制御、高い環境性能、そして走る楽しさが掲げられているホンダの4WDシステム。その方式に3種類あるのをご存じだろうか。雪に覆われた北海道の鷹栖プルービンググラウンドで、それぞれの持ち味をじっくり探った。

スポーツハイブリッドSH-AWDを搭載する「レジェンド」は、比較試乗のため、2018年2月に発表されたマイナーチェンジモデルのほか、旧型も用意された。
スポーツハイブリッドSH-AWDを搭載する「レジェンド」は、比較試乗のため、2018年2月に発表されたマイナーチェンジモデルのほか、旧型も用意された。拡大
シンプルなビスカスカップリング式4WDシステムを搭載する「N-BOX」は標準型だけでなく「カスタム」も、自然吸気エンジン搭載車だけでなくターボ仕様も、4WDだけでなくFFも用意された。
シンプルなビスカスカップリング式4WDシステムを搭載する「N-BOX」は標準型だけでなく「カスタム」も、自然吸気エンジン搭載車だけでなくターボ仕様も、4WDだけでなくFFも用意された。拡大
「レジェンドEX」(マイナーチェンジモデル)。ボディーカラーはオブシダンブルー・パール。
「レジェンドEX」(マイナーチェンジモデル)。ボディーカラーはオブシダンブルー・パール。拡大
「CR-V」はプロトタイプのため、左ハンドル車が試乗車として用意された。
「CR-V」はプロトタイプのため、左ハンドル車が試乗車として用意された。拡大
試乗会場はホンダの鷹栖プルービンググラウンド(上川郡鷹栖町)。今回はイギリスやドイツの一般道を再現した「EU郊外コース」を中心に使用した。
試乗会場はホンダの鷹栖プルービンググラウンド(上川郡鷹栖町)。今回はイギリスやドイツの一般道を再現した「EU郊外コース」を中心に使用した。拡大

3種の4WDシステムを使い分ける

ホンダ車開発の一翼を担う鷹栖のテストコースで、メディア向けの4WD雪上試乗会が開催された。ホンダといえば「N-BOX」をはじめとした独創的な“ユーティリティームーバー”と、ピュアスポーツである「シビック タイプR」や「NSX」、「S660」たちの姿がすぐに思い浮かぶけれど、ホンダの4WDと言われてすぐにイメージできる人はそれほどいないかもしれない。それについては同社も少なからず危惧しているようで、そのこだわりを世に知らしめるべく、われわれに対しこうした機会を設けてくれたというわけである。

さて現在、ホンダの4WDラインナップは、大きく分けて3つの機構に支えられている。1つは前輪駆動(FWD)車をベースに、安価ながらも安定した性能が得られる「ビスカスカップリング式4WD」。2つ目はやはりFWDをベースに、油圧式多板クラッチを用いて後輪へとエンジンの動力を伝える「リアルタイムAWD」。そして最後は、生活型4WDであるこれら2つとはまったく異なるコンセプトを持つ、モーター制御の「スポーツハイブリッドSH-AWD」である。

まず紹介するのはビスカスカップリング式4WD。これは上述のとおりFWDを基本とし、後輪との回転差が生じたときにビスカスカップリングを通じて後輪へとトルクを配分する4WDである。これを試したのは「EU郊外コース」。その名の通りヨーロッパの道を模したテストコースであり、低中速コーナーが主体となるコースを試すことができた。

試乗車の中で、このシステムを搭載していたのは、いまやホンダの4番バッターを担うN-BOXである。そのFFターボと4WDターボを乗り比べた。EU郊外コースでの試乗ではなかったが、自然吸気エンジンを搭載するN-BOXのFFと4WDにも乗る機会があったので、それについても併せて触れていきたい。さらにEU郊外コースでは、「フィットハイブリッド」の4WDモデルにも試乗した。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る