いよいよ発売された「セレナe-POWER」
ガソリンモデルや「ノートe-POWER」とはどこが違う?

2018.03.07 デイリーコラム

まずはノーマルセレナとの違いを探る

2017年の東京モーターショーで初公開された、日産の電動パワートレイン「e-POWER」搭載車第2弾「セレナe-POWER」が、この3月にいよいよ発売された。その特徴や、第1弾である「ノートe-POWER」との違いを見ていこう。

ノーマルセレナとの見た目の違いはかなり限定的だ。最も分かりやすいのは、ブルーのアクセントカラーを加えたフロントグリルだろう。このほか空力性能向上のため、専用デザインの15インチアルミホイールや形状を変更したリアスポイラーなどを採用しているが、このあたりは並べて見比べないと、気が付かないレベルのもの。

一方で、室内には決定的な違いがある。通常8人乗車となるセレナの中で唯一、7人乗車の2列目キャプテンシート仕様となるのだ。ガソリン車に採用している、1列目と2列目の間を移動可能な「スマートマルチセンターシート」を省いた。その理由はリチウムイオンバッテリーの搭載スペース確保にあるようだ。シートレールが省かれた1列目シートの間には、ブルーのLED間接照明の付いたセンタートレイを装着している。

パワーユニットはガソリン車の2リッター直列4気筒エンジンに代えて、発電用エンジン+駆動モーターのe-POWERシステムを搭載。燃費性能はマイルドハイブリッド機構を備えたガソリン車の17.2km/リッターに対して、e-POWERでは26.2km/リッターにまで向上。ママにもうれしい経済性の高さを見せる。パワー面では、ガソリン車の最高出力150ps/最大トルク200Nmに対して、e-POWERは同136ps/同320Nm。最高出力は若干落ちるものの、最大トルクはガソリンモデルをはるかにしのぐどころか、3.5リッターV6自然吸気エンジン(344Nm)の「エルグランド」に迫るもの。車重はガソリンモデルよりe-POWERの方が100kgほど重いとはいえ、動力性能にはかなり余裕が出たといえるだろう。ただし、e-POWER車には4WD仕様が用意されない点には注意されたし。

外観ではフロントグリルのブルーのアクセントや専用デザインのアルミホイールなどを特徴とする「セレナe-POWER」。細かなディテールを除けば、ノーマルセレナとほとんど変わらない。
外観ではフロントグリルのブルーのアクセントや専用デザインのアルミホイールなどを特徴とする「セレナe-POWER」。細かなディテールを除けば、ノーマルセレナとほとんど変わらない。拡大
室内では、2列目がキャプテンシート仕様となるほか、ダッシュボードなどにブルーのアクセントが加えられる。
室内では、2列目がキャプテンシート仕様となるほか、ダッシュボードなどにブルーのアクセントが加えられる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産が「セレナ」を一部改良 お買い得な新グレードも 2018.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2018年9月6日、ミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、販売を開始した。今回は、マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に安全装備の充実を図ったほか、新グレードを設定した。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
ホームへ戻る