【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開

2018.03.06 自動車ニュース
「レクサスUX」
「レクサスUX」拡大

トヨタ自動車は2018年3月6日(現地時間)、第88回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、レクサスブランドの新型車「UX」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】レクサス、新型クロスオーバー「UX」を世界初公開の画像拡大

新開発のパワーユニットを搭載

レクサスUXは「Creative Urban Explorer」をコンセプトに開発された、コンパクトクロスオーバーモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495mm×1840mm×1520mmで、ホイールベースは2640mm。縦方向に厚みを強調したボディーや大きく張り出した前後フェンダーをスタイリングの特徴としている。フロントマスクでは3眼LEDヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプが備わるほか、スピンドルグリルにはブロックメッシュ形状を採用している。リアでは、左右一体の翼形状のコンビランプが目を引く。両端を立体的な縦フィン形状とすることで、空力性能向上にも寄与している。

インテリアデザインは、「ドライビングの高揚感を演出するコックピットと視覚的な開放感を両立した」というもの。インパネの上部からフードやフェンダーへとつながる造形は、内と外の境界をあいまいにする日本の建築思想に着想を得ている。フロントシートには、伝統的な刺しゅう技法である「刺し子」をモチーフにしたキルティングや、ベンチレーション機能を持つパーフォレーションを採用。和紙のような質感を表現したというインパネ上部のオーナメントや、世界初のワイヤレス給電技術で発光するエアコンレジスターノブなど、ディテールにもこだわりを表現している。

車台には「GA-Cプラットフォーム」を採用。レーザースクリューウェルディングや構造用接着剤の使用部位拡大、そしてドア開口部への環状構造の採用により、高いボディー剛性を実現している。サスペンションは、フロントはマクファーソンストラット式、リアはダブルウイッシュボーン式としている。

パワーユニットは、新開発の2リッター直4直噴エンジンと、2リッター直4直噴エンジンにモーターを組み合わせた、同じく新開発のハイブリッドシステムを用意。ハイブリッドにはドライバーの運転行動やナビの地図情報をもとに、バッテリーの充放電を最適に制御する先読みエコドライブ機能を採用する。また、発進用のギアを備えた新開発のCVTも採用している。

先進運転支援システムとして、第2世代の「Lexus Safety System+」を採用。操舵支援機能付きアダプティブクルーズコントロール「Lexus CoDrive」や緊急自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」などが備わる。

レクサスUXの日本での発売は、2018年冬ごろと発表されている。

(Clubpyme)

 

関連キーワード:
UX, レクサス, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 ミドルサイズのボルボエステート「V60」が初のフルモデルチェンジ。見た目のイメージを大きく変えた新型は、ダイナミックな走りと優れた実用性が体感できる、実力派のスポーツワゴンに仕上がっていた。
ホームへ戻る